5秒ひざ裏のばしにはダイエットの効果もある?姿勢の矯正によって代謝をあげていく!

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

金スマで話題となった5秒ひざ裏のばしにはダイエットの効果もあります。

姿勢を正すことにより、代謝がよくなり結果ダイエットの効果も期待できるということですね。

通常、楽な姿勢=猫背 の場合、体は省エネ体質になっています。

これは、原始時代から飢餓を経験しているため、人間のDNA、記憶なんです。

それを、自分自身で貯めこんでいた脂肪を燃焼してくれるなら嬉しい限りですよね。

今回は5秒ひざ裏のばしのダイエット効果について調べました。

 

スポンサードリンク

 

5秒ひざ裏のばしのやり方は?

5秒ひざ裏のばしのやり方は、3つです。

  • 壁ドンストレッチ
  • 壁ピタドローイン
  • ワン・ツー・スリー体操

ですね。

一つ一つ詳しく見てみましょう。

 

壁ドンストレッチ

やり方は簡単です。

  1. 壁の前に立つ
  2. 両手は肩の高さでつき、足を前後に開く
  3. 壁をゆっくり5回押す
  4. ぐーっと5秒キープ

※3~4をもう一度くり返したら、足を変えて同様に。

さて…ここまでは簡単にできそうです。

背筋と後ろ足をピンと伸ばすことが重要

背筋と後ろ足をピンと伸ばすことによって、ストレッチの効果や縮まった体を元に戻すことができます。

「押す」という言葉にとらわれて後足をピンと伸ばすことを忘れないことが重要ですね。

 

5秒間キープする時息を止めない

キープしているときによく力が入って、息を止めてしまいがちですが、息を止めず息を吐きながら気持ちよくなる程度で良いんですね。

この際、目線はまっすぐ、かかとは踏みしめます。

域については吐ききるのが重要です。

 

壁ピタドローイン

壁に、両足のカカト、腰、背中、頭をピタリとくっつけ、あごを軽くひきます。

次に、おへそを背中にくっつけるように、お腹を凹ませたまま、10秒間維持します。

ここで重要なのが、かかと、腰、背中、頭をつけるということ。

猫背で背中が曲がっていると、腰がつかなかったりします。

この時に、息を吐きながらおこなうというのがポイントです。

両足は90度に保つ

両足を90度に保つことによってひざ裏が伸びます。

この状態をキープするとひざ裏が伸びていきます。

この姿勢を取り続けることで姿勢が矯正されていきます。

 

ドローインを行うのは難しい

実はドローイン(呼吸を行いながらお腹を凹ます)はなかなか難しいんです。

ドローインがうまくてできない人でも、手軽に効果がでる方法として壁ピタドローインをすることでできるようになります。

 

最初は腰がつかなくても無理をしない

猫背がひどい場合肩をつけようとすると、今度は腰がつかなかったりします。

妊婦さんなど、無理をしない程度に実施していくとよいそうです。

そのうちつくようになるのだとか。

また、気を付けの姿勢からつま先を90度以上開きつま先を起点にかかとを広げると、頭、肩、腰、足首(くるぶし)が一直線になります。ぜひやってみてください。

 

ワン・ツー・スリー体操

  1. 足をできるだけ大きく広げて立ち、背中を伸ばします。
  2. 息を吐きながらひざを曲げてお尻をおとし、両手で太ももを3回たたきます。
  3. 息を吸いながら背中を伸ばして立ち上がり、両手でお尻を3回たたく。

これを3セット行います。

 

背中を曲げないように視線は前

背中を曲げないようにとしながらも、ついつい視線を落としながら足元見ていませんか?

この目線をさげると頭が下がるので、必然的に背中も曲がってきます。

こうならないように視線はまっすぐに、胸を張りながら実施しましょう。

 

効果アップにはひざの角度を90度まで負荷をかける

背筋を伸ばした状態で、ひざを曲げていきます。

この際に、この姿勢が厳しい場合には、無理せずできる範囲で調整することをおススメします。

翌日から辛くて断念するようでは意味がないからです。

毎日無理なく続けられるような姿勢で行いつつ、徐々に負荷をかけていくのが理想的ですね。

 

スポンサードリンク

 

ダイエット効果は?

5秒ひざ裏のばしを実施することによってダイエットの効果も得られます。

それが、姿勢を正すことにより代謝が上がると、よりやせやすい体に変化していきます。

 

ワンツースリー体操で骨盤のゆがみを直す

ワンツースリー体操は、股関節の柔軟性を増していくのにプラスして、骨盤のゆがみを直す効果があります。

骨盤のゆがみを直すことによって、血流がよくなり、またリンパの流れもよくなります。

体幹という言葉がありますが、四肢(両腕、両足、頭を除いた体の中心部)を除いた体の中心部のさらに重要部位が股関節と肩回り(肩甲骨)なんです。

その重要な部位である股関節である骨盤のゆがみを直すことにより、柔軟性を高める効果もあります。

 

姿勢を矯正してぽっこりお腹も改善する効果も

実は、ポッコリお腹の大部分の元凶は猫背にあります。

これは背中が曲がることにより、お腹周りの筋肉が弱まり(使っていないため)内臓が重力によって垂れてくるのが元凶です。

これをドローインをすることによって、内臓があるべき姿に戻ることによってすぐにぽっこりお腹を改善する効果があります。

 

ドローインにより内臓があるべき位置に

ドローインとは、呼吸をしながら呼吸筋を鍛える筋トレです。

息を吸い、吐きながらお腹を引っ込めることで、呼吸筋であるいわゆる腹筋が鍛えられます。

腹筋というと、ひざを曲げて上半身を起こす運動を思い浮かべますが、ドローインの効果に比べると、腹筋運動は思ったより効果が薄いかも知れません。

 

まとめ

5秒ひざ裏のばしを日々実践することにより、姿勢の改善を促していくことができます。

姿勢を正しくすることによって、代謝が上がりダイエットの効果も上がっていきます。

 

 

こちらは完全ガイド。

 

 

 

 

 

【関連記事】以前金スマでも紹介されたゼロトレ。

こちらも話題になりました。

石村友見のゼロトレの詳しいやり方を解説!効果抜群?1日5分寝たままで!?書籍も

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。