飲むおにぎりの販売店は?コンビニでも売ってる?値段や味、カロリーについても調査!

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

3月1日に飲むおにぎりが発売となりますね。

すでにネット上ではざわついています。

世界初なんだそうですね。

今までこうしたパック入りの商品はゼリー状のものでは以前からありました。

忙しい時の10秒飯とか10秒チャージなどというのはウィダーインゼリーなど販売されていましたが、今度はおにぎりで。

常温保存で1年間もつとあっては、非常食としても、また登山やアウトドアなどの行動食としても広く使えそうです。

今回は、飲むおにぎりの販売店やコンビニでも買えるのか調べた結果を紹介しますね。

 

 

飲むおにぎり概要

View this post on Instagram

Yoshiko Moritaさん(@yopuyopuko)がシェアした投稿

 

おにぎりはコンビニで売られるようになってから、香ばしい海苔の香りや塩が美味しいと思っていましたが、飲むおにぎりとは、気になりますね。

飲むという概念からいうと、どろどろとしたゼリータイプになるのでしょうか?

それともお粥ののような感じに?

 

値段は?

品名 画像 値段
飲むおにぎり 160円
ウィダーインゼリー 200円

内容量は、130gで160円ですね。

同じパウチ商品である森永製菓のウィダーインゼリーは180gで、200円ですね(森永製菓)

※店舗などでは価格が安かったりも

 

味は?

塩昆布とかつお梅の2種類になりますね。

食感はやわらかめで、噛まずに簡単に食べられます、味はおむすびそのもので新食感。

昔ながらのおにぎりを飲むという感覚が…

と思ったら、このツイートは面白かった!

元々おにぎりを飲む感覚の方からすると、そういう捉え方があったか!

と感心してしまいます。

カレーも飲み物とする方も一定数いますしね。

 

カロリーは?

気になるカロリーは、200kcalとなっており、またレタス1個分の食物繊維が含まれていますね。

また、中の具である紀州南高梅、北海道産昆布、国産米、国産海苔の国産原料にこだわり美味しさを追求しているのだとか。

 

 

販売店は?

さて気になる販売店を調べてみたら、

となっていますね。

こんにゃくパークはどこ?

場所は群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1

隣が販売元であるヨコオデイリーフーズですね。

 

 

コンビニで取り扱いはある?

今のところ、コンビニでの取り扱いがあるかどうかは情報がないため売っていないようです。

こうした食品こそコンビニでの販売を望むところですね。

こんなつぶやきが

また、新しい情報が入り次第追記しますね。

 

まとめ

 

飲むおにぎりの食感はやわらかめで、噛まずに簡単に食べられます。

味はおむすびそのもので新食感ですね。

未だ実物は見ていないので食レポはできませんが、新しい情報が入り次第逐次追記していきますね。

販売店についても、今後話題になればコンビニでも取り扱うところがでるかもしれませんね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

検索