コカ・コーラエナジーの(コンビニ・自販機)価格差は?成分やカフェイン量も他の飲料と比較調査!

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

コカ・コーラ社からついに、コカ・コーラエナジーが発売開始です。

コンビニや自販機でも販売開始となりました。

実際に飲んでみると…いつものコカ・コーラとはちょっと趣が違いますね。

今回は、コカ・コーラエナジーのコンビニと自販機の価格差や、カフェインなどの成分を、他のエナジードリンクと比較調査してみました。

 

スポンサードリンク

 

コカ・コーラエナジー

コカ・コーラエナジー コンビニ(ローソン)

コンビニに行ってみたら…めっちゃありました。

画像では上の方で途切れていますが…モンスターやレッドブルが一列に収まっています。

 

コカ・コーラエナジーのコンビニ・自販機での価格差は?

コカ・コーラエナジーは、コンビニで売っている240mlのものと、自販機限定190mlと2種類存在していました。

項目 コンビニ 自販機
250ml 190円(税込205円) 190円
190ml × 160円

 

コカ・コーラエナジーの成分表

240ml1本あたり、カフェインが80mg入っています。

栄養成分表示(100mlあたり)
エネルギー 42kcal
たんぱく質・脂質 0g
炭水化物 10.3g
食塩相当量 0.04g
ナイアシン 1.6mg
V.B₆ 0.15mg
カフェイン 32mg

 

カフェインが結構多めなんですね。

そこで、他のエナジードリンクとの成分を比較してみました。

 

コカ・コーラエナジーとレッドブル・モンスターの成分比較

 

コカ・コーラエナジー、レッドブル、モンスターエナジー、それぞれの飲料の容量が違うため、栄養成分表示を100mlあたりで比較してみました。

 

栄養成分表示 100ml当たり
項目 コカ・コーラエナジー レッドブル モンスターエナジー
エネルギー 42kcal 46kcal 50kcal
たんぱく質・脂質 0g 0g 0g
炭水化物 10.3g 10.8g 13g
ナトリウム 80mg 78mg
食塩相当分 0.04g 0.08g 0.078g
ナイアシン 1.6mg 3mg 8.5mg
カフェイン 32mg 43.2mg 40mg

 

こうしてみると、カフェイン量はレッドブルが43.2mgとダントツに多いことがわかりますね。

エネルギー量でいえば、モンスターエナジーが50kcalと最も多いですね。

 

スポンサードリンク

 

コカ・コーラエナジーの味は?(感想)

では気になる味はどうなんでしょうか?

飲んでみた感想です(筆者談)

  • 炭酸はやや少なめ
  • ガラナの香りがする

このガラナの香りは人によって薬っぽいと感じる人もいるかも。

人によって好みは別れる可能性はありますね。

 

コカ・コーラエナジーの口コミ

それではツイッターの声を拾ってみました。

私も予想していた口コミはこのつぶやきが代弁してくれています。

 

美味しい

中々いい距離間での画像ですね。

 

北海道のコアップガラナ…たしかにそんな味ですね(ガラナが入っているだけに)

おーなるほど、コーラ味のラムネっぽい味かも。

 

不味い

 

まとめ

コカ・コーラエナジーのコンビニと自販機の価格差は税金の違いでかたや205円と190円でした。

また栄養成分表でのレッドブルや、モンスターエナジーとの比較でもヘルシーに作られていました。

他にも、清涼飲料水メーカーということでカフェイン量は少なめでした。

まだ飲んでいない方は試飲ということで飲んでみてはいかがでしょう?

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。

    //