米津玄師最新曲「感電」をYouTubeにて配信

この記事は3分で読めます

米津玄師さんがまた業界に衝撃を与えました。 それもなんとも策略的で、まるで超能力者のように見ている私たちをあっと驚かせてくれました。先日最新曲「感電」をYouTubeにて配信したところ、瞬く間に視聴され、4日で1000万回再生を突破しました。 この反響の裏には米津さんらしい変わった演出などもあり、話題が絶えないアーティストならではの工夫を感じさせられます。 そこで今回の記事では最新曲「感電」についてと8月にリリース予定の5枚目のアルバム「STRAY SHEEP」について書いております。 また米津さん自身のYouTubeチャンネルやドラマ「MIU404」についても書いておりますので合わせてぜひ最後までご覧ください。

自身最速の1000万再生

最新曲「感電」はYouTube配信後、タイトル「感電」の電気の如く、わずか4日で1000万回再生を突破し、現在も止まらぬ勢いで再生回数を伸ばし続けています。 これまで9作目のシングル「Flamingo」が1000万回再生の最速記録を持っていました。しかしその記録もあっという間に超え、反響を呼んでいます。 また今回のシングルを公開する前にサプライズ演出もありました。YouTubeにリリースする5時間程前にこれまでアップされていた動画のサムネイルが予告なく、「404 NOT FOUND」の画像に変更され、その代わりに「404 NOT FOUND」とついた4分ほどの動画が公開されました。 動画は羊の絵文字が乱れんばかりに飛び交う構成となっており、見ている私たちを驚かせる演出となりました。

止まらない勢いのYouTubeチャンネル

2020年7月6日に自身のYouTubeチャンネル登録者数が500万人を突破しました。 これは日本人アーティストとして堂々1位の登録者数となり、チャンネル動画総再生数としては28億再生を記録しています。 他のミュージックビデオも「Lemon」が5.8億、「打上花火」が3.6億、「アイネクライネ」が2.5億再生されていて、1億回再生されているタイトルは計12作品にのぼります。 YouTubeというプラットフォームでここまで視聴者に支持され、アーティストして確固たる地位を築いている人はほかにいません。 今回のシングル「感電」は最近のシングルとは違った、軽快だがどこかゆったりとした不思議な曲となっています。 サビでいい意味でものすごく盛り上がるわけでもなく、米津自身の深いところからふつふつと湧き上がる感情が 曲となって表現されています。また犬の鳴き声や猫の泣き声が入っていたりとこれまでの曲とは違い、 あらたな試み、ジャンルに挑戦しているといった印象です。

「感電」が主題歌のTBS系金曜ドラマ「MIU404」がスタート

出典:cinra.net/
今回のシングル「感電」はTBSドラマ「MIU404」の主題歌となっています。 今回のドラマは綾野剛と星野源がW出演となっていて、脚本家野木亜紀子による完全オリジナル脚本で執筆されたノンストップエンターテイメント。 警視庁が舞台でその中の「機動捜査隊」で主演の2人がタッグを組み、事件解決に全力を注ぐといった内容になっています。 以前のドラマ「アンナチュラル」と同じ制作グループと米津さんが再タッグを組むことになり、シングル「Lemon」のようにドラマの雰囲気にピッタリの曲となっています。 米津さんはドラマのコンセプトと脚本を読んで、感銘を受けて作曲を決めたとのこと。これまでの自分の境遇とドラマで繰り広げられるストーリーに共通する部分を感じ、その感じ取ったものをありのまま作曲したとのことです。

「感電」が収録されている、5thアルバム「STRAY SHEEP」発売

出典:reissuerecords.net/
シングル「感電」は8月にリリースされる5枚目のアルバム「STRAY SHEEP」に収録されていることが発表されています。 「STRAY SHEEP」とは迷える羊という意味で、「どうしていいかわからず迷っている人」という意味があるそうです。 そのタイトル通り、米津さんのこれまでの葛藤と聴いている人への心の底から湧き上がるメッセージが込められたタイトルとラインナップになっています。 アルバムとしては前回から2年半ぶりのアルバムで、全15曲あり、人気曲「Lemon」や「馬と鹿」といった楽曲も収録。

アルバムの特典も豪華

アルバムには3種類バージョンがあります。 1つ目は「おまもり盤」といってキーホルダーが特典としてついていて、いつもお守りのように身に着けてほしいとの願いが込められているとのことでした。 2つ目は「アートブック盤」で米津さんによって描き下ろされた100ページ弱のアート作品集とLIVE映像集が特典としてついています。 3つ目はCDのみの3種類が販売される予定とのこと。また店舗特典として自身で描いた絵がデザインされたクリアファイルがついてきて、ファンにはたまらない内容となっています。 初回限定版のみとなっていますので、早めの予約・購入がおすすめです。

まとめ

米津玄師さんの勢いはとどまることを知りません。アーティストとして見ている私たちにいつも新鮮なアイディアと驚きを与えてくれています。 今回もただただ新曲を発表するだけではなく一癖も二癖もある演出をし、私たちを「米津玄師ワールド」に導いてくれています。 今後も米津玄師さんには目が離せませんね。ここまでご一読いただき、ありがとうございました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

検索

おすすめ!VOD