ブリトニー東京(ネイル)の本名は?名前の由来となった出来事や年齢についても

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

11月22日(水)21時からTBS系で放送のクレイジージャーニーにネイルアーティストのブリトニーTOKYOさんが出演されます。

ブリトニー東京さんはアメリカのロサンゼルスを拠点に活動され、有名セレブからの依頼が絶えないのだとか。

有名セレブは誰だろうと調べてみると、アリアナ・グランデやケイティ・ペリー、キム・カーダシアン、リタ・オラなど

の超有名セレブばかりですね。

アメリカで人気のリアリティー番組にカーダシアン家のネイルガールとして準レギュラー出演を果たしていたり、

また、米インフルエンサーアワードを受賞しているんですよね。

ネイルの流行を次々と生み出していくブリトニー東京さんですが、実は英語が得意ではない、また依頼はSNSを通じてと今時の働き方ですよね。

また個性的な人物像から、本名や年齢など気になる人も多いはず。

今回はブリトニー東京さんの本名や年齢を調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

ブリトニー東京さん

 

 

View this post on Instagram

 

Britney TOKYO 💅✨さん(@britneytokyo)がシェアした投稿

ブリトニー東京さんのインスタグラムのフォロワー数が150,000人超えなんですね。

まずはプロフィールから。

 

プロフィール

  • ブリトニー東京
  • 千葉県出身

生まれは東京、育ちは千葉県のブリトニー東京さん。

ほとんどわからないことだらけでした…

年齢は?

調べてみると…生年月日も実はわかっていません。

わかっているのは90年代後半、高校生のころ、ギャル時代がありヤマンバの格好をしていたということ。

こちらが高校生時代のブリトニー東京さんですね。

となると…

現在30代くらいといえそうです…

 

 

本名は?

調べてみたのですが、本名はわかりませんでした。

すでにBritney TOKYOでの活動で知名度があるために、わざわざ本名を公表する必要性がないからかも知れません。

後述しますがブリトニー東京の由来はホント単純な理由からでした。

 

スポンサードリンク

 

経歴

小さい頃から絵を描くことが好きだったブリトニー東京さん。

人見知りな性格でおとなしかったんですね。

その分夢中になって絵を描くことに没頭し始めると、辞めさせられない限りはずっと絵を描くことが好きでした。

絵画教室にも通っていたんですね。

高校時代はギャルだったのだとか。

校則はめちゃくちゃ厳しい学校だったのですが、肌の色には決まりがなかったそうで真っ黒に。

さらにルーズソックスに金髪、ヤマンバのスタイルに…

高校卒業後は、109の店員となるも入社後2か月で辞めてしまったブリトニー東京さん。

そこからニート生活を経てネイルの専門学校へ入学します。ネイルの専門学校に通うために

「ネイリストになろう」という本をお母さんに買ってもらったのだそう。

この時の冊子にあったNSJネイルアカデミーに行くことになりました。

 

卒業後渡米

NSJネイルアカデミーを卒業後、ネイリストとして働くことにしたブリトニー東京さん。

しかし…ギャル時代の遊び中心の生活がまだ抜けていなかったため、週2程度のアルバイト感覚だったのだとか。

そこから平成17年(2005年)渡米することにしたのですが…

 

ブリトニー東京の名前の由来は?

ネイルサロンで本名で働いていたら、名前を変えた方がいいと言われたブリトニー東京さん。

職場の人はベトナム人で、みんなアメリカ風の名前でいたんだとか。

その頃、ブリトニースピアーズさんが復帰したころ。

そこでブリトニーと名乗ったそうです。

しかし…ブリトニー東京さんは英語がわからない上に、お客さんから「出身はベトナムのどこ?」と聞かれ、英語がよくわからなかったのでホーチミンと適当なことを言ってたら、ホーチミンに行ったことがある人と話が合わなくなったのだとか。

そこで名札に自分でTOKYOと入れたのが始まりなんですね。

 

まとめ

ブリトニー東京さんの本名や年齢はわかりませんでした。

今後日本でもテレビ出演が増えると、新しい情報が入る可能性は高まりますね。

その時は追記したいと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。