虎ノ門ヒルズ駅が話題!虎ノ門ヒルズ駅ってどこにあるの?路線は何線?開業はいつ?

この記事は3分で読めます

虎ノ門ヒルズ駅

こんにちはノリスケです。

「虎ノ門ヒルズ」という新しい駅ができると話題になっています。東京がまた便利になるようですが、この新駅は一体どこにできるのでしょうか?走るのは何線?そして肝心の開業はいつなのでしょうか?調べてきましたよ。

虎ノ門ヒルズ駅が話題になっている理由とは?

虎ノ門ヒルズ駅出典:都市レポ

新たに設置される虎ノ門ヒルズ駅ですが、その設置の目的の1つが、猛烈な勢いで再開発が進む虎ノ門エリアの混雑緩和や該当エリアに存在する駅の負荷分散です。

虎ノ門と隣接する神谷町エリアには外国の大使館などが多く、通称「大街区」と呼ばれるそのエリアでは、街をゼロから新しく作り変えようとするかのような再開発が進行中です。

そんな新しい町が完成すれば、一体は国内有数のビジネスセンターとなる予定です。

その玄関口としての役割が求められているのが虎ノ門ヒルズ駅なので、話題になるのも必然といえるかもしれませんね。

虎ノ門ヒルズ駅は一体どこにできる?

虎ノ門ヒルズ駅

出典:東京新聞

虎ノ門ヒルズ駅は行政上の住所は東京都港区虎ノ門1丁目23−1になります。

周辺一帯をデベロッパーの森ビルが中心となり「虎ノ門ヒルズ」として開発が進められており、虎ノ門ヒルズへのアクセスがメインの機能となる駅であることから、名称はすでにある虎ノ門駅との重複を恐れずわかりやすさを優先し「虎ノ門ヒルズ駅」に決定したということです。

現在ある地下鉄の駅との位置関係で言うと、銀座線虎ノ門駅の南300メートルほどの場所にできる予定です。

虎ノ門ヒルズ駅を通る路線ほか

「駅」と言うからには電車が通ります。

どの路線がアクセスするかによって、沿線の利用者にとっては利便性が格段に違ってきますので気になるところですよね?

虎ノ門ヒルズ駅を通る路線を調べました。

東京メトロ日比谷線

虎ノ門ヒルズ駅は東京メトロ日比谷線の新駅として設置されます。

霞ヶ関駅と神谷町の間に設置され、霞ケ関駅から約500m、神谷町駅から約800mに位置します。

また、海外からの旅行者など日本語が不得手な人向けの駅番号は「H06」となる予定です。

虎ノ門駅との関係

日比谷線虎ノ門ヒルズ駅は、先ほども述べましたように銀座線の虎ノ門駅からは南に300メートルほど離れていますが、約400mの連絡地下通路によって両駅は結ばれ乗り換えが可能になる予定です。400メートルというと乗り換えの距離としては比較的長いと言わざるを得ませんが、地下通路ですので雨の日などは重宝するかもしれませんね。

地下鉄以外のアクセス

虎ノ門ヒルズ駅を通る地下鉄は日比谷線だけですが、地上部分にはバスターミナルが設置されることになっています。

このバスターミナルは、環状二号線を通って勝どき・晴海・豊洲・臨海副都心方面へと向かう構想であるBRT=バス高速輸送システムの発着駅としても利用される予定となっています。

虎ノ門ヒルズ駅の開業予定日は?

虎ノ門ヒルズ駅の最終完成予定は2022年度となっています。

しかし、東京は2020年にパラリンピック・オリンピックの開催を控えていることもあり、2020年6月6日の東京オリンピック・パラリンピック開催前の供用開始を目指し現在工事が進められています。

虎ノ門ヒルズ駅の周辺にできる予定のもの

虎ノ門ヒルズ駅出典:都市レポ

虎ノ門ヒルズ一帯は国内有数のビジネスセンターとなる予定で、その玄関口としての役割を求められている虎ノ門ヒルズ駅。

再開発に伴い周辺には様々な施設ができる予定となっています。

虎ノ門ヒルズ

言うまでもありませんがこのエリアのメイン施設となるのが虎ノ門ヒルズ。

現在はビル1棟のみですが、隣接地にはオフィス主体の超高層ビル「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」と、タワーマンション「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」が建設中です。

さらに、虎ノ門ヒルズ駅に直結する形で真上には、高さ約265mの複合超高層ビル「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」が建設される予定です。

また、虎ノ門ヒルズ・ステーションタワーには、虎ノ門ヒルズ駅周辺一帯の桜田通りを覆う人工地盤も作られる計画です。

今の姿からは想像もできないような、近未来的な立体的都市広場空間が誕生することになりそうですね。

バスターミナル

先ほども説明したバスターミナルも設置されます。

勝どきや晴海、お台場などとを結ぶBRT=バス高速輸送システムが乗り入れる予定となっていて、虎ノ門を臨海部への新たな玄関口として位置づける機能を持たせるとして期待されています。

まとめ

2020年の東京オリンピック・パラリンピック、さらにその先を見据えて精力的な再開発が進む東京の都心部。その中心的存在となりそうなのが虎ノ門ヒルズ駅とその周辺の再開発です。ビジネスビルとマンションの複合施設だけでなく、地下鉄とバス(BRT)も乗り入れる今までにないタイプの都市開発だけに、一体どんな新しい街が生まれるのか今から楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

検索