三浦知良の年収や年俸(2018)は?サッカーだけじゃない収入源にも注目!

この記事は4分で読めます

また今年も!J2横浜FCのキングカズこと三浦知良選手が1月11日11時11分に契約更改しましたね。

こんにちはノリスケです。

ついに51歳現役Jリーガーの記録更新ですね。

多くの人が一瞬の輝きののち、消えていくことが多い中で、しかも同年代でサッカーに携わっている人たちは監督などの指導的な立場にいる人…

なのにこの人はやってくれますね。

某番組のご意見番の方がまた「カズ」ではなく「喝」っていいそうですよね。

プロになって試合に出場時間の合計は

なんと!3万6932分で総ゴール数は162。

イエローカードは29枚もらっているが、レッドカードは1枚もないんですよね。

こういう点をみても、若い人の手本となっていてやはり素晴らしいですよね!

現役最年長もですが、最年長ゴールも気になるところですよね!

今回は三浦知良選手の年収(年俸)について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

三浦知良選手

 

三浦知良選手は2月26日生まれですので、

J2開幕戦には51歳を迎えています。

まずはwiki風プロフィールから。

  • 三浦知良(みうら かずよし)
  • 昭和42年(1967年)2月26日生まれ 50歳
  • 静岡県静岡市葵区出身
  • 177cm
  • 72kg
  • 城内中学校卒
  • 静岡学園高高等学校中退

平成18年(2006年)に横浜FCに所属以来Jリーグ最年長ゴールの記録を、また、最年長出場記録も毎年更新していますね。

特に平成27年(2015年)の4月5日ジュビロ磐田戦では、

最年長ゴールを48歳1カ月10日に伸ばし、現役世界最年長ゴールを記録しました。

この年の11月11日11時11分に契約延長が発表され、世界中のサッカー関係者に驚きと称賛の声で話題となりました。

そして昨年平成29年(2017年)3月12日の群馬戦でのゴールがJリーグ最年長記録を50歳と14日に塗り替え、イングランドのスタンリー・マシューズの50歳5日の記録を上回ったのは記憶に新しいところですね。

この年の記録は12試合に出場し1得点でした。

ホントいつ切られてもおかしくない状態ですが、ここまでくるとホントにずっとやっていてほしいと思うのは私だけ?でしょうか…!?

 

スポンサードリンク

 

気になる年俸は?

まずは全体像を見る前にサッカーの年俸から見てみましょう。

平成9年(1997年)のころ、

30歳の三浦知良選手はヴェルディ川崎に所属し、2億4000万円

だったといわれています。

そこから徐々に減り始めて、

いまでは1000万円前後ではないかといわれています。

それでも、J2の選手の平均年俸は440万円ともいわれていて、200万円の選手もザラにいるようです。

あとは球団の資金面での体力ということになりそうですね。

ちなみに…

J1のベガルタ仙台、J2でも軒並み赤字経営が増えてくる中で、横浜FCは黒字経営なんですよね。

こういった点でも球団に貢献しているポイントも高いことも伺えそうですよね。

更に

スポンサー側からすると、横浜FC三浦知良というだけで、スポンサー契約とかとれそうですよね。

最年長ゴールを更新するたびに全国ニュースになりますしね。

 

スポンサードリンク

 

年収は?

こちらも気になる年収ですが、調べてみると億単位稼いでいそうですね~。

 

リポビタンDのCMとか、

ダンディハウスとか。

エースコックとか。

キリンのFIREのCMとか

これらのCM契約の中でも今年も契約している企業とかもありますので、これだけを含めてもかなりの額を稼いでいそうですよね。

さらに以前書籍も書いていましたから本が売れ続けれ知れば印税も入ってきますし、

結果、全てを含めた年収は1億超えは間違いないと思われます。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

51歳、プロ33年目のシーズンを迎えて万全の準備をしているであろう三浦知良選手。

我々中年の星はどこまでも輝きを失うことなく、「続ける」

という重要性を教えてくれているような気がしました。

現在自主トレ中で、1月下旬にはベトナムで始まるキャンプからチームに合流する予定なんですね。

最年長ゴール、そして最年長出場の記録更新にも注目ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。