東大ヤンキー澤山の年収は?東大法学部卒の平均年収とも比較してみた

この記事は2分で読めます

こんにちはノリスケです。

東大ヤンキー澤山さんが東大卒なのにもかかわらず、お笑い芸人をしていることに違和感を感じます。

東京大学ですよ。

最高学府を卒業しているのにもかかわらず…というのは偏見かも知れませんが。

最近は宇治原史規(ロザン)など、高学歴芸人も多数いますし、東大ヤンキー澤山さんもいずれそういった分野で頭角を現してくるものと思われます。

今回は東大ヤンキー澤山さんの年収と東大法学部卒の平均年収と比較してみました。

 

スポンサードリンク

 

東大ヤンキー澤山さん

View this post on Instagram

中山功太 12/8大阪単独 12/23東京単独さん(@nakayamakouta)がシェアした投稿

昭和のにおいがプンプン香ってきますね。

まずはプロフィールから

 

プロフィール

  • 澤山裕仁(さわやま ゆうじ)
  • 昭和62年(1987年)5月8日生まれ 31歳
  • 神奈川県出身
  • O型
  • 172cm
  • 東大法学部卒業

東大ヤンキー澤山さんは、東京大学法学部を卒業されていますね。

大学時代は落語研究会に入って活動されていました。

 

経歴

平成23年(2011年)にワタナベコメディスクール14期生として入学しています。

平成25年(2013年)には、なんぶ桜を結成しますが、お互いそれぞれコンビを解散した同士で結成しています。

現在澤山さんは、髪を金髪にして「インテリヤンキー」を自称していますが、なんぶ桜結成当時は黒髪でメガネにダークスーツという真面目に見えるスタイルで、東大卒であることを第一としたキャラ作りをしていました。

平成29年(2017年)に解散、その後はそれぞれ芸人活動を続けています。

 

スポンサードリンク

 

東大ヤンキー澤山の年収は?

調べてみましたが…

実は、年収につながる収入源がテレビ出演以外にはわかりませんでした。

最近、東大ヤンキー澤山さんはクイズ番組などで出演されるようになってきましたが、それだけでかなりの額とは言えない訳ですね。

ということで、東大ヤンキー澤山さんの年収は、新卒のサラリーマンと同等がそれ以下なのかなという予想です。

 

東大卒の平均年収は?

比較してはいけないような気もしますが、東大法学部卒業というだけで、人生の成功者のレールに乗っていて、東大ヤンキー澤山さんがレールから外れた人生の指標としての年収としてみていただければと思います。

【情報元 キャリアコンパスより出典】

年代 平均年収 最高額
全体 7,290,000円 30,000,000円
20代 5,070,000円 15,000,000円
30代 7,070,000円 30,000,000円
40代 8,940,000円 25,000,000円

 

東大卒といっても、とびぬけている訳でもないということがわかると思います。

とはいえ、私の年代の東大卒より低いので…

やはりうらやましい…という感情があります。

次に年収の分布図を見ると…

意外に広かったというのがわかります。

 

年収 パーセンテージ
300万円未満 5%
300万~400万円 11%
400万~500万円 15%
500万~600万円 14%
600万~700万円 15%
700万~800万円 11%
800万~900万円 8%
900万~1,000万円 4%
1,000万円以上 17%

 

あなたの年収と比較してみてどうですか?

 

まとめ

東大ヤンキー澤山さんの年収と東大卒業というブランドを考えて比較してみましたが,意外と幅が広いことに気付かされます。

学生としては偏差値が高いものの、その後(就職してみて)のことになると普通の学生と変わらないことがわかりますね。

東大ヤンキー澤山さんの年収の詳しいことはわかりませんでしたが、それほどもらっていないことが予想出来ました。

しかしながら…

今後、クイズ番組出演から広がっていく可能性がありますね。

そうなると、年収はうなぎ登りに増えていくことが予想されます。

今後の東大ヤンキー澤山さんに注目ですね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。