石垣のりこの学歴やwiki情報は?夫や子供も調査!選挙に立候補する理由についても

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

エフエム仙台のアナウンサー石垣のりこさんが2019年参議院議員選挙に立憲民主党から立候補を予定しているのですね。

石垣のりこさんといえば、エフエム仙台のアナウンサーとして、よく声を聞いていました。

政治家に転身するってホントすごいな~と思いますね。

仙台でアナウンサーから政治家への転身といえば、元東北放送アナウンサーで現仙台市長の郡和子さんが有名ですね。

今回は石垣のりこさんのwiki情報について調べた結果をまとめました。

 

スポンサードリンク

 

石垣のりこさん

この投稿をInstagramで見る

石垣のりこさん(@norikorock2019)がシェアした投稿

笑顔がとっても素敵な方ですよね。

ラジオの声と顔が一致しません(笑)そのためか、インスタの画像…というより動画が結構ありました。

 

プロフィール

  • 石垣のりこ(いしがき のりこ)
  • 昭和49年(1974年)8月1日うまれ 44歳
  • 仙台市宮城野区出身
  • O型
  • 愛称 のりポン

石垣のりこさんはエフエム仙台の編成部副部長でアナウンサーです。

令和元年(2019年)第25回参議院議員選挙に出馬のため、5月よりエフエム仙台を休職中です。

 

学歴

石垣のりこさんの学歴を調べてみると、地元宮城県の有名どころを卒業されていますね。

小学校と中学校は岩切小学校・岩切中学校を卒業されています。

以下、高校と大学を見てみましょう。

 

高校はどこ?

石垣のりこさんは仙台第二女子高等学校を卒業されています。

今は高校名が変わり、中高一貫校である仙台二華高校になっています。

二華高校といえば、仙台市内でも屈指の進学校で有名です。

昨年は東大生も輩出しています。

また二華高校卒業の有名人では、石垣のりこさん以外に、女優の瀬戸早妃さんがいますね。

 

大学は?

調べてみると、宮城教育大学教育学部小学校教員養成課程教育心理学コースを卒業されています。

小学校教諭の免許を持っておられますね。

また、宮城教育大学卒業の有名人に漫画家の荒木飛呂彦さん「ジョジョの奇妙な冒険」がいました。

 

スポンサードリンク

 

夫や子供はいる?

「石垣のりこ 夫」とサジェストワードがあり、多くの方が検索していますね。

調べてみると、「離婚」とかのワードも。

よく調べてみると、旦那さんに関する情報は一切出てきませんでした。

そのため、石垣のりこさんの旦那さんについての情報があまりにも少ないために、「離婚」で検索した人が多くいたようです。

結論からいうと離婚はされていないようです。

お子さんの情報も調べてみると平成21年(2009年)ころに出産のため産休に入っていたという情報を入手しました。

それによれば令和元年(2019年)現在、小学3~4年生くらいと思われます。

 

参議院議員選挙立候補の理由は?

この投稿をInstagramで見る

石垣のりこさん(@norikorock2019)がシェアした投稿

石垣のりこさんの公式サイトでは、選挙に出馬する理由を述べています。

ですが、「急に決まった」というような印象がありました。

なんでだろうと思ってよく調べてみると、

3月25日の河北新報ONLINE NEWS(3月25日)によれば、立憲民主党では当初栗原市在住のフリーアナウンサー菅原美話(みわ)さんを擁立する予定で最終調整となっていました。

ちなみに長女は女性アイドルグループAKB48の元メンバーで女優の岩田華怜さんで話題性もありました。

ですが介護を理由に出馬を断念しています。

次に白羽の矢が立ったのが石垣のりこさんだったようです。

その理由が念頭にあると、石垣のりこさんの言っていることがスッと入ってきます。

なるほど、出馬要請があり、また公認も得られたとなれば使命感の強い人なら断る理由はありませんよね。

 

まとめ

2019年、令和初の参議院銀選挙では、宮城選挙区で立候補。

宮城選挙区は、自民党現職の愛知治郎氏(49)が4選を目指して立候補を表明しています。

改選議席1を巡る熾烈な争いとなっていきそうですね。

ぜひ石垣のりこさんに頑張ってもらいたいところです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。

    //