伊原六花の本名や読み方は?事務所はどこ?スカウトされた経緯も

この記事は3分で読めます

登美丘高校ダンス部と言えば、今年「バブリーダンス」で大ブレイクしました。

紅白歌合戦やレコード大賞にも出演されるそうですね。

この登美丘高校のキャプテンを務めた伊原六花さんが女優デビューです!

こんにちはノリスケです。
ツイッターの画像を見てびっくり!
バブリーダンスでは誰だかわからなかったのですが、素顔はとってもかわいいですね。

今回は伊原六花さんの本名や読み方、事務所についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

伊原六花さん本名や読み方は?

伊原六花さんの読み方はいはらりっかと読むんですね。

伊原六花さんは林沙耶さんというんですね。

本名もイイですね~。

姓名判断で見てみると…

伊原六花だと総画27で吉凶混合と出ていました。

『孤立 トラブル 不遇』
人生が急展開する波乱の人
知性と感性とを持ち合わせますが、調子の良いときと悪いときの波が激しい人です。
几帳面で義理堅いのですが、自我が強く、反抗心・批判精神が強いため、人間関係のトラブルが多くなります。仕事運・家庭運も波乱含みでしょう。

几帳面になりすぎず、寛容さを持ち、不満を抑えることで、運は上昇していきます。

芸能活動を始めることで色々と苦労しそうだと出ていますね。

大吉の部分で逆転成功、大成とも出ていることから、几帳面になりすぎず、寛容をもって接するともしかして!

 

本名の林沙耶で見てみるとまたすごいんですよね。

 

『人徳 出世 順調』
安らぎを人に与える人生
多くの人に慕われます。目標や希望達成のためコツコツと努力を重ね人生を堅実に歩み、確実に成功をつかんでいくでしょう。
穏和な性格で人の和を大切にするため、自然と発展していきます。責任感が強く、管理能力にも優れるためどんな仕事でも結果を出せます。経済観念もしっかりしています。家庭運、子供運とも良好です。無理なく冷静に物事に対処するので事業も成功します。人間関係を大切にすることで運はより上昇します。

大吉でしたね。

元々姓名判断的には成功する運の持ち主のようですね。

多くの人に慕われて、目標や希望達成のためコツコツと努力を重ねて堅実に歩んでいくって…後述しますがその通りですね~。

姓名判断は名は体を表すなんて言いますが、結構当たっているんですよね。

 

スポンサードリンク

 

伊原六花さんのプロフィール

  • 伊原六花(いはら りっか)
  • 林沙耶(本名)はやし さや
  • 平成11年(1999年)6月2日生まれ 18歳
  • 大阪府狭山市出身
  • 160cm

笑顔が素敵ですよね~。

5歳の時の平成16年(2004年)にバレエを始めた伊原六花さん。

そこから3年バレエをしたのちに、

9歳の時の平成20年(2008年)から子供ミュージカルをはじめ、コーラスやダンスをしていました。

この頃にダンスを始めたんですね。

中学1年生の時の平成24年(2012年)にはミュージカル「ズボン船長」では生徒役を

翌平成25年(2013年)の時にはズボン船長でジョジョ姉役を演じています。

 

スポンサードリンク

 

事務所はどこ?

高校ダンス部日本一決定戦の登美丘高校ダンス部に密着した番組が平成29年(2017年)9月に放送されました。

伊原六花さん率いる登美丘高校ダンス部に密着した

高校ダンス部日本選手権準優勝の様子が映っていました。

ここでキャプテンとしてみんなを引っ張っていく林沙耶さんがそこにいました。

この練習量があるからこそとってもキラキラ輝いていたんですね。

とってもキラキラしていて

素敵な笑顔、そして3連覇できなかった悔しさの涙…

この番組を見ていた現事務所のフォスターの人の目に留まりスカウトされました。

 

フォスターといえば、広瀬すずさんやお姉さんの広瀬アリスさんも所属している事務所なんですね。

 

 

ダンスの実績は?

元々ミュージカルなどに出演していたため、部活などはしていなかった伊原六花さん。

YouTubeで見た登美丘高校のダンスがキラキラしていて、カッコよかったことから、

「絶対にココに入ろう!」

そう決めて登美丘高校に入学しダンス部に。

登美丘高校ダンス部は伊原六花さんが入学した平成27年(2015年)に全国大会優勝!

翌平成28年(2016年)も優勝し2連覇を果たしました。

3連覇がかかった平成29年(2017年)は惜しくも準優勝。

しかしながら…

実績以上にダンスに向き合う姿がまたスゴイ!

朝9時から夕方6時まで練習に明け暮れています。

日本一のチームが日本一の練習量なんですね。

さらに、夏の甲子園のCMにも出演され、自主公演をしているのですが、即完売だったのだとか。

創部当時の平成22年(2010年)は10人しかいなかったそうですね。

今や現在1年生から3年生まで約90人の大所帯にまでなった登美丘高校ダンス部で、

一番有名になった時のキャプテンなんですものね~。

そしてついに

登美丘高校は第59回日本レコード大賞の特別賞を受賞!

とどまるところを知りませんね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

登美丘高校でダンスと真剣に向き合い、そして卒業後に女優としてデビューする伊原六花さん。

年末には紅白やレコード大賞と、これからの活躍に目が離せませんね。

今後の伊原六花さんに注目ですね!

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。