ライム病で話題のお騒がせスター、ジャスティン・ビーバー!名前はよく聞くけど一体どんな人?

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

今回はライム病で話題になったジャスティン・ビーバーさんを紹介します。

ツイッターのフォロワー数約1.1億人、インスタグラムで約1.25億人とともに世界で絶大な人気を得ているジャスティン・ビーバー。世界各国にいる彼のファンはビリーバーと呼ばれています。

彼の生い立ちやキャリアなど色々調べてきました。

一体何物?ジャスティン・ビーバーのキャリア

ジャスティンさんの2017年の年収は約90億円、フォーブス誌が発表したその年の世界で最も稼ぐミュージシャンランキングで7位でした。現在25歳という若さにもかかわらず数々の賞や記録をもっており、稼いだ額だけみてもその大物っぷりは想像を絶します。

プロフィール

  • 名前:Justin Drew Biever
  • 生年月日:1994年3月1日(25歳)
  • 出身:カナダ・オンタリオ州ストラットフォード
  • 身長:175cm
  • 職業:歌手

ジャスティンさんの母親は17歳という若さで出産し、父親とは結婚することなくシングルマザーとして育ててきました。そのため幼少期は貧しい生活を送っていたのだとか。

世界的大スターですが意外と苦労してきた過去があるのかもしれません。貧困から抜け出そうとハングリー精神をもって成功している人は多いので、ジャスティンさんの活躍の背景にも関係しているかもしれませんね。

経歴

ジャスティンさんは小学校から音楽に関心があり、独学でギター、ドラム、ピアノ、トランペットを習得したそうです。12歳の頃に地元で行われたコンテストに出場し、NE-YOの「So Sick」を歌ったのですが、それを母親がYouTubeに投稿。するとまたたく間に注目を集め、14歳の頃に正式にRBMGとアイルランドレコードと契約を交わしました。

今ほどSNSが普及していなかった当時に、投稿した動画でチャンスを掴んだ彼のカリスマ性たるや。もちろん歌手としての実力もあってのことですがすごいことです。

2009年にシングル「One Time」でデビュー。同年にリリースしたアルバム「My World」の全7曲は、ビルボードホット100に全てランクインする快挙を達成しました。

その後も曲のリリースやツアー、他のアーティストとコラボなど音楽活動に取り組んでいきました。いくつか厳選して紹介していきます。

「Somebady at Christmas」

こちらはジャスティンさんの曲ではなくスティービー・ワンダーという歌手の曲を熱唱した動画です。驚くべきことはアメリカ元大統領オバマ氏の前で熱唱したこと。当時15歳にして大統領を前に堂々と歌いこなした彼の力量は計り知れませんね。

「Baby feat. Ludacris」

YouTubeで再生回数20億超えの大ヒットソングです。ジャスティン・ビーバーといえばこれ!というほど彼を象徴する曲のひとつです。デビューシングルからわずか半年足らずということから彼の凄まじい勢いを感じます。

アルバム「Purpose」

2015年にリリースされたアルバム。99の国と地域のiTunesで一位を獲得。全米チャートでビートルズの記録を超える偉業を達成。収録曲「Where Are U Now?」でグラミー賞獲得。YouTubeにアップされた曲はどれも再生回数が億を超えるなど、様々な記録を残した最高傑作といわれるほどのアルバムです。

この頃には可愛らしさではなくかっこよさがにじみ出ていますね。幼少期に比べ声や外見も変わり、魅力あふれる大人に成長したと感じます。

お騒がせスターと呼ばれるわけ

若さゆえにあやまちを起こすことはあります。それが世界的大スターともなればあやまちもビッグなことばかりです。

違法薬物の使用。隣人トラブル。飲酒・無免許運転。パパラッチへの暴力事件。交際スキャンダル。逮捕。などなどトラブルが絶えないことでも有名なのがジャスティン・ビーバー。その中でも特に有名なのが「卵事件」でしょう。

ジャスティンさんの暗黒時代といわれる2014年1月、以前から言い争いが絶えなかった隣人宅に生卵を投げ裁判沙汰になった事件です。その結果賠償金で900万円以上支払うことになりました。

賠償金の額だけみてもさすが世界的大スターなだけあってトラブルの規模もなかなか大きいと感じます。

恋人は?結婚している?

ジャスティンさんは数々の有名モデルや女優と交際してきたといわれてます。一番有名なのがセレーナ・ゴメスさんとの交際でしょう。ファン公認のカップルで本当にお似合いのカップルだと注目されていました。復縁と破局を繰り返していましたが最後には結局結ばれるだろうと多くのファンが考えていたと思います。

しかしジャスティンさんは2018年9月にモデルのヘイリー・ボールドウィンさんと結婚しています。10代の頃から親しく、交際、破局、復縁、と世間を騒がせ最後には電撃婚とお騒がせスターらしい結婚の過程でした。

まとめ

以上ジャスティン・ビーバーさんの紹介でした。

トラブルやスキャンダルが多くお騒がせスターとしてのイメージが強いですが、彼のスター性や成し遂げた偉業の数々は本当に素晴らしいものです。

これからもそのカリスマ性で私達の想像を超える活躍が期待できそうです。今後の音楽活動やプライベート、彼の人生そのものが非常に楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 門脇麦
コメントは利用できません。

検索

おすすめ!VOD