KAZUYA(175R)脱退の理由は?次のサポートメンバーは誰になる?

この記事は3分で読めます

175R(イナゴライダー)って懐かしいバンドが復活!
と聞いていたのもなんと!ギターのKAZUYAさんが脱退だそうです。
こんにちはノリスケです。

何故?という思いと、このタイミング?ということで驚かれている人が

多いと思います。

かくいう私も。

そこで今回は脱退の理由と次のサポートメンバーが誰になるのか

調べてみました。

活動再開の曲「これから」

いい曲なんですよね…

KAZYAさんがいなくなると思うと寂しい限りです…

スポンサードリンク

KAZYAさん脱退

KAZYAさんのfacebookからの抜粋です。

活動を休止したのが平成22年(2010年)その間に
九州に活動の拠点を移したKAZYAさん。

facebookをみていると色々な心情についても吐露して
いました。

最近は水面下で北九州と東京を行ったり来たりしながら、こっそりレコーディングやビデオを作ってました!

10月は関わるイベントも多くて、その中のレコーディングはそろそろ血尿が噴き出しそうです‼︎

【2016.10.19 facebook】

北九州と東京を行ったり来たりしながら多忙な毎日を
過ごしていたんですね。

過去記事をみていると、
九州でFMラジオのパーソナリティをしていたり、音楽祭り
や九州でいろんなところでLIVEをしていたりと、
音楽に関するイベントなどもしていたんですね。

昨年3月11日には被災地にもいかれたりしていますね。

こんな多忙な毎日を過ごしながら、175Rもというのは
確かに両立は難しいのでしょうね。

スポンサードリンク

バンドのメンバーの反応は?

175Rを応援してくれている皆様へ

この度Gt.KAZYAがバンドを脱退する事になりました。

結成から共に活動してきたメンバーであり、友人であり、家族なので、
寂しく悲しくもありますがKAZYAの意思を尊重し急な報告となりました。

活動再開したばかりで、このような事態となりましたが
へこたれる事なく今後はサポートメンバーを迎え、
歩みを止める事なく活動していきたいと思っています。
今後とも応援宜しくお願い致します。

175R
SHOGO ISAKICK YOSHIAKI

【175R公式サイトより出典】

結成から活動してきたメンバーであり、友人であり、家族でもある

という彼ら。

ここでもし知らない人がいるかも知れないので、

メンバーのプロフィールなど…

ちなみに4人とも福岡県北九州小倉出身です。

SHOGOだけ小倉北区、残りの3人が小倉南区

なんだとか。

こうしてみると、KAZYAさんは地元に帰った

ということになり、地元で活動したいという強い

想いもあったのかなと少しだけ感じます。

 

SHOGO(しょうご)

  • 昭和55年(1980年)3月24日生まれ 37歳
  • ボーカル
  • 作詞作曲もShogo.kとして携わる
  • 今や政治家に転身した今井絵理子(元SPEED)と結婚するも平成19年(2007年)に離婚。

ISAKICK(いざきっく)

  • 昭和56年(1981年)3月18日生まれ 36歳
  • ベース
  • 鶯谷フィルハーモニー「GEM」音楽ディレクターでも活動

KAZYA(かずや)

  • 昭和54年9月6日生まれ 37歳
  • ギター
  • 九州を活動の拠点にして多忙な日々を過ごす。4月15日で脱退
  • 新宿ゴールデン街でラーメン店を経営

YOSHIAKI(よしあき)

  • 昭和57年(1982年)12月7日生まれ 34歳
  • ドラム
  • KAZYAの実弟

サポートメンバーは誰に?

一番気になる新しいギターは誰に?

ということで調べてみました。

しかしながら…

今のところ、新しいサポートメンバーの情報は

ありませんでした。

いずれ発表があるものと思われます。

新曲やビデオなどで、少しでもいてくれたら

嬉しいなと思うのは私だけでしょうか?

スポンサードリンク

まとめ

今回の活動を再開した理由に

今回の活動再開は、インディーズ時代から関わりのあるスタッフや友人の訃報が続き、メンバー間に「もう一度観せたかった」という感情が生まれたこと、さらにメンバーが親交の深いアパレルブランドSKULLSHITの代表・大滝哲也氏より「(ブランドの)20周年はバンドで祝ってほしい」とオファーを受けたことをきっかけに決定した。

【音楽ナタリーより出典】

色々な思いを受けての活動再開で、様々な人の様々な思いを受けての

活動再開だっただけに、今回のKAZYAさんの脱退はショックですよね。

でも、いつも一緒という訳にもいかない活動休止間の積み重ねたもの

があるのでしょうから、それも仕方ないと思うしかないのでしょうね。

次のサポートメンバーも気になりますが、今後のKAZYAさんと

175Rの皆さんの活躍に注目ですね!

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。