クリックポストでサイズオーバーしたらとるべき対処法は?

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

ヤフオクやメルカリなどで発送する場合、クリックポストは安く送料が抑えられて便利ですよね。

164円で全国一律で送れるのは便利ですが、サイズがギリギリの場合、送る方もハラハラしますよね。

【追記】2018年9月1日より185円になりました。

実際に送ってみてアウトだった場合には返却されるのですが、用紙がついて理由と共に送り返されます。

でも安心してください

料金は発生していませんよ

今回は、サイズオーバーした時のとるべき対処方法を調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

クリックポストの規格から

【郵便局より出典】

サイズや重量が決まっていてこの規格内に収める必要があります。

特に問題になりそうなのが厚さと重量ですよね。

私ノリスケもよくヤフオクでイクラの着ていた子供服などを発送するのですが、

子供服は問題なく発送できます。

非常に便利なのですが、サイズがギリギリの場合だとやっぱり不安になるものですよね。

 

スポンサードリンク

 

サイズオーバーの時どうなる?

ちなみに…わが家で発送してギリギリの時がありますが、

送り返されずに今のところ済んでいます。

サイズオーバーの時の実際のつぶやきがあったので載せてみます。

このようにして紙が貼りつけられて送り主のもとに戻ってきます。

返送された理用紙には理由がついてくる

クリックポストは次の理由によりお返しいたします。

  1. 大きさ、または、重量が定められた制限を超えています。               (大きさ34cm×25cm×3cmまで、重量1kgまで)
  2. 専用ラベルが修正されています。
  3. 荷物の内容品が取り扱えません。
  4. 専用ラベルのに記載されている二次元バーコード読み込めません。
  5. 専用ラベルの有効期限が経過しています。
  6. 専用ラベルの記載データに異常があります。

このように理由が書いた用紙が送り返されてきます。

以下未然に防ぐ方法も含めて書いておきます。

サイズオーバーについて

これは意外な盲点だったんですが、3cmギリギリや若干オーバーしていても発送される場合があります。

基準は、ポストに入るかどうか

例えば、服などの場合に少々ギリギリでも押し込むと大丈夫な場合は許容範囲内とみなされて大丈夫でした。

でも、硬いもので形を変えられないようなものの場合はダメでした。

許容範囲内に収められるかどうかが分岐点のようです。

一度1cmオーバーで、郵便局の人に見せに行ったのですが、硬いものでしたので案の定ダメと言われました。

その時の話で許容範囲は「ポストに入るかどうか」という郵便局の職員さんに言われました。

 

専用ラベルの修正

これも印字を間違えた場合ってありますよね。

これも郵便局に問い合わせたところ、正規に受け付けられない限り課金は発生しないと回答を得て確認しています。

ですので、書き直さずもう一度安心して印刷しましょう。

スポンサードリンク

 

それでもダメな場合はレターパック

 

サイズオーバーの時にクリックポストがダメな場合、

最終手段はレターパックしかありません。

レターパックはクリックポストよりサイズが大きい時に使えるのですが、

送料が

  • レターパックライト 360円
  • レターパックプラス 510円

となっています。

郵便局以外でもコンビニでも売っていますので時間外でも安心して発送できます。

以下詳しく見てみましょう。

 

レターパックライト

レターパックライトは、サイズは一緒ですが、重量がクリックポストより重くても大丈夫です。

以下サイズを

  • 340mm×248mm(A4ファイルサイズ)
  • 厚さ 3cm以内
  • 重量 4kg以内

厚ささえクリアしていれば、レターパックライトでいけそうですね。

 

レターパックプラス

こちらは最終手段ですね。
レターパックプラスは下記の画像の通り、厚さは関係なく箱に入りさせすれば送れます。

ただ重量は計られるので4kg以内に収める必要がありますね。

以下サイズを

  • 340mm×248mm(A4ファイルサイズ)
  • 厚さ 3cm以内
  • 重量 4kg以内

レターパックプラスは厚さは関係ないので専用の箱が破れない程度に、

重量が4kg以内であればOKです。

以前、大人用のジャージを発送するときにレターパックプラスで送ったことがあります。

ギュウギュウに詰め込んで破れないようにして発送したことがありますよ。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

クリックポストでサイズオーバーした時の対処方法は、戻ってきた場合

重量がオーバーした時はレターパック、

厚さがオーバーした時は、レターパックプラス

でそれぞれ対処法があります。

クリックポストはダメ元で送っても、料金は発生しないので安心できますね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

【関連記事】

クリックポストのサイズはA4封筒で!厳しい場合の許容範囲も調査

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。