村上佳菜子の年収や今後の芸能活動は?メレンゲMC抜擢でタレント転身か?

この記事は2分で読めます

村上佳菜子さんが、毎週土曜日に日本テレビ系で放送されている「メレンゲの気持ち」司会に抜擢されたそうです。

こんにちはノリスケです。

フィギュアの現役時代、佳菜子スマイルと言われていたくらい笑顔が素敵でしたね。

メレンゲでの笑顔に毎週癒されると思うと…

楽しみですよね。

今回は村上佳菜子さんの年収や今後の芸能活動の方向性、タレント転身について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

村上佳菜子さん

  • 村上佳菜子(むらかみ かなこ)
  • 平成6年(1994年)11月7日生まれ 22歳
  • 愛知県名古屋市中区
  • 162cm
  • 43kg

3歳からスケートを始めた村上佳菜子さん。

ジュニア時代から頭角を現し、

国際スケート連盟主催のジュニアクラス競技会に出場します。

2009-2010シーズンでは、世界ジュニア選手権で優勝しています。

翌2010-2011シーズンより、シニアデビューを果たします。

シニアでもグランプリシリーズに参戦、

グランプリファイナルでは3位に。

その後の全日本選手権でも3位となり、初の世界選手権の代表になりました。

しかし…

世界の壁はとても厚かったのか、思うような成績を挙げられなかった村上佳菜子さん。

期待されたソチオリンピックでも最終的に12位と肝心な時にミスが起きてしまいます。

その後も中々結果が出せず、左足の疲労骨折もある中での

全日本フィギュアスケート選手権。

8位に沈み、「スケート人生の全てを出せました」

として引退を示唆しました。

そしてついに平成29年4月23日、自身の公式サイトで引退を表明しました。

 

スポンサードリンク

 

気になる年収は?

4年前の平成25年(2013年)頃、浅田真央さんが3億円と言われていました。

ちなみにフィギュアスケーターの平均年収が、

1,000万円〜3,000万円と言われています。

その中で大会の優勝賞金が1,000万円からだそうです。

実際には練習や移動、コーチなどの経費がかかるため、

結構な赤字になるそうです。

浅田真央さんが引退前には6億円くらいの年収があったそうです…

が、

日本スケート連盟やマネジメント事務所など複数から、その約95%を「搾取」されていることが分かった。
浅田はソチ五輪前、10社と広告契約を結んでいたが、日本スケート連盟は規定に基づきその収入の20%を抜き取っていた。ソチ五輪後、浅田のスポンサー企業は15社に増加、1社あたり3000万円で計算しても、連盟は9000万円を手にしていることになる。

【ライブドアニュースより出典】

こういった現実を考えると、

村上佳菜子さんが数千万円稼いでいたとしても、手元にはあまり残らないんですね。

 

芸能活動の方向性、タレント転身?

Yahoo!ニュースによれば、10月21日放送分から司会になるそうで、収録では佳菜子スマイルに包まれていたんだとか。

楽しみですよね。

更には来年行われる平昌五輪の布石もあるようですね。

浅田真央さんの代役のはずが、今後のタレント転身への足がかりとなるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

フィギュアスケーター引退後、意外な形で

「メレンゲの気持ち」で司会に抜擢された村上佳菜子さん。

日本テレビでも村上佳菜子さんをお笑いスターに育てようともしているみたいですね。

佳菜子スマイルが再び見れるとは、今から楽しみですね!

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。