2019年夏の甲子園優勝候補、星稜のエース奥川恭伸投手の出身中学は?両親は何者?

この記事は3分で読めます

奥川恭伸

こんにちは、ノリスケです。 2019年の夏の甲子園の優勝候補、石川県代表の星稜高校ですが星稜高校をけん引しているのはプロの評価も高い最速158キロを誇るエースの奥川恭伸投手です。そんな奥川投手の高校以前の実績はどんなものなのでしょうか?そして、そんな逸材を生んだご両親は一体どんな人物なのでしょうか?詳しく調べてみましたよ。

奥川恭伸投手ってどんな選手?


奥川恭伸投手は2001年4月16日生まれ、石川県かほく市出身の18歳です。 身長183cm、体重:82kg、右投右打、ポジションは言わずもがなですが投手です。 石川県の野球の名門、星稜高校のエースとして2019年夏の大会にも駒を進めています。

奥川投手の実績

最速158キロを誇り、今年秋のドラフトではプロも注目する奥川投手ですが、その実績はすでに高校以前から、輝かしいものがありました。

小学校時代

奥川投手は石川県かほく市立宇ノ気小学校3年生の時に、地元の少年野球チーム「宇ノ気ブルーサンダー」に入部。 野球選手としての第一歩を踏み出します。 そしてこの時、現在、星稜高校でバッテリーを組む、捕手の山瀬慎之介選手と出会い一緒にプレーを始めています。 6年生の時には県大会で準優勝し北信越大会に出場しています。

中学校時代

奥川投手は石川県かほく市立宇ノ気中学校に進学。 山瀬選手も宇ノ気中学校に進学しここでも2人はバッテリーを組みます。 そして3年生の時に全国制覇を経験。 この時すでに全国レベルの選手であったことがわかりますね。

星稜高時代

奥川投手は山瀬選手とともに地元石川の星稜高校に進学します。

1年時

奥川投手は1年生の春からベンチ入りし、秋の大会では早くも主戦として活躍。

2年時

2年生の春のセンバツでは144キロをマーク。 リリーフで2試合連続逆転勝ちに貢献するなど2勝を記録しました。 そして夏の甲子園では、開幕戦に先発。 150キロをマークし、注目を集めました。 しかし続く2回戦では足がつるアクシデントに見舞われ降板。 チームは逆転負けを喫し甲子園を去りました。 その後のU-18侍ジャパンには、2年生で唯一人選出。 大物の片鱗を見せつけます。 そして、秋の北信越大会の準々決勝では10連続奪三振を記録。 北信越大会優勝に大きく貢献し、続く明治神宮大会でも準優勝を果たしました。

3年時

センバツ1回戦で、なんと17奪三振という見事なピッチングを披露。 自己記録を更新する151キロをマークし、さらなる成長ぶりをみせました。 続く2回戦では千葉代表習志野高校と対戦し、自責点2でチームも敗戦。 しかし、奥川投手が大会序盤で姿を消したことよりも、星稜高校の監督が習志野高校の監督に「サイン盗みをしている」と直談判に臨むという高校野球にあるまじき行動に出、その後も週刊誌の取材に応じるなどした後味の悪さが残る敗戦となりました。 そして、夏の甲子園を目指す県予選ではなんと158キロをマーク。 甲子園にも順調に駒を進め、どこまで勝ち進むのか注目を集めています。

星稜高校ってどんな高校

奥川選手を擁する星稜高校とはどんな学校なのでしょうか? 星稜高校は石川県はもちろん、北陸はおろか日本でも有数の野球の強豪校として知られています。 全国制覇の経験はありませんが、過去にはプロ野球の巨人やMLBのヤンキースなどで活躍した松井秀喜選手などを輩出した名門です。

奥川投手のプロの評価は?


最速158キロを誇るだけでなく変化球の切れも鋭いことからに、すでにプロも注目している奥川投手。 複数球団の1位指名は確実とみられています。 プロ野球12球団のスカウトの主なコメントです。   広島・苑田聡彦スカウト統括部長:「1位間違いなし」 ヤクルト・伊東編成部長:「プロでもなかなかいない。能力の高さ」 巨人・長谷川スカウト部長:「近い将来ローテーションの一角になる逸材」 西武・渡辺GM:「試合をコントロールする能力があり、将来的に日本を代表する投手になり得る。 見た目も大きいし、球に力がある。 フォークの落差もすごい。 抜けている。」 ホークス・福山アマスカウトチーフ:「大きく間違えないから、ゲームメーク能力が高い。 田中将大投手の高校時代と遜色ない。 (状態が)悪い時の奥川君も見てみたい。」 日本ハム・大渕スカウト部長:「完成度が高い。 本当にいい投手は(私からの)コメントも少ないんです。」   ただ、日本のプロ野球だけでなくMLBのスカウトも奥川投手の試合に姿を見せています。 もしかしたら、いきなりMLBなんて可能性もあるかもしれませんね。

奥川投手のご両親はどんな人?

これだけ見事な息子さんを世に出したのですから、奥川投手の両親もさぞ有名な方なのでは…、と思い調べてみましたが、情報は全くありませんでした。 ごく普通の親御さんなのかもしれませんが、しっかりと立派に育てられたようですね。

まとめ

プロ注目の逸材であることは間違いない奥川恭伸投手。夏の甲子園でも順調に勝ち進めばさらに注目も高まることでしょう。いきなりMLBという可能性すら漂いますが、そうなったらごく普通の家庭から見事な投手を育て上げたご両親に大きな恩返しが出来そうですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

検索