石橋咲織(空手)がかわいい!wiki情報をリサーチしてみた

この記事は2分で読めます

こんにちはノリスケです。

2月25日放送の「ビートたけしのスポーツ大将」に空手の石橋咲織さんが出演されます。

東京オリンピックの種目にも決定しましたよね~。

それで石橋咲織さんについて調べてみたのですが、ウィキペディアにも載っていないんですよね。

そこで断片的な情報をまとめてwiki風にしてみましたよ。

 

スポンサードリンク

 

石橋咲織さん

  • 石橋咲織(いしばし さおり)
  • 平成11年(1999年)8月25日生まれ 18歳
  • 神奈川県平塚市出身
  • 平塚市立真土小学校卒
  • 平塚市立大野中学校卒

石橋咲織さんはお兄さんの影響で、5歳から空手を始めました。

小学4年生から空手の型では全国大会4連覇を果たしています。

翌年の5連覇がかかった全国大会では惜しくも準優勝。

しかしながら…

なんと!

この年、中学2年生の時に世界大会で優勝しているんですね。

 

 

高校はどこ?


調べてみると…

横浜創学館高等学校へ進学していました。

高校では、全国高校選抜、インターハイ、国体で3冠を達成していますね!

これだけを見手もスゴイですけど…

実は…満身創痍での出場だったんですよね。

全国高校選抜の1週間前に右足を骨折、どうしてもタイトルが欲しいと強い気持ちで挑戦しました。

実は中学校までは無敵だった石橋咲織さんでしたが、高校では3年連続でインターハイに出場しています。

1年生では初戦敗退

2年生で3位に。

3年目…

どうしても欲しい高校タイトルでした。

なぜ勝てなかったのでしょう?

 

監督のインタビューがありましたので転載します。

ナショナルチームに名を連ねた小学6年生のころから有望株として知られ、「(高校1年から)いつ優勝してもおかしくない実力を持っていた」(空手道部顧問の栗原千秋先生)。

しかし、本人の言う「なかなか自信を持てない性格」が本番で影響し、国内では優勝にあと一歩届かない成績が続いていた。

【高校生新聞ON LINE】

だからこそ、強い気持ちで臨んだ大会だったんですね。

さらにインターハイ前には左足太ももの肉離れというアクシデントにも負けず、

医者からも出場を辞めたほうがいいと進められるも

強行出場、優勝しているんですよね。

ホントスゴイですね!

 

スポンサードリンク

 

動画の型の演武がヤバい

スゴイキレッキレの演武に正直スゴイと思いました。

YouTubeの動画でもこんな緊迫感のある空気なのに、

その場にいたらもっとすごい臨場感なんでしょうね。

 

大学は?

現在18歳の石橋咲織さん。

ちょうど受験生なんですよね。(平成30年2月現在)

来月には進学先が判明しそうですね。

わかり次第追記したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

石橋咲織さんは、2020年の東京オリンピックを目指してがんばっているところ。

昨年12月に行われた全日本選手権では5位だった石橋咲織さん。

この時は世界王者も出場していたのだとか。

今後の活躍に注目ですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。  

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。