ロイヒ(クリームフェルビ)CMの女優は誰?ミスワールド日本大会準グランプリやアイドルの過去についても

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

ニチバンロイヒの「クリームフェルビ」篇のCMが放送されていますね。

ぐる塗りロイヒ!で痛みの元に直接効くフェルビナクを3%配合の温感タイプの塗り込むクリーム剤のタイプなんですね。

女優さんも気持ちよさそうにしているのがとっても効くような気がしますね。

そんなニチバンロイヒのCMに出演されている女優さんが気になりました。

今回はニチバンロイヒの「クリームフェルビ」篇に出演されている女優さんについて調べてみました。

【関連記事】

あわせて読みたい!ニチバンロイヒつぼ膏「ペタ貼り」篇に出演されている女優さんについての記事についても

 

スポンサードリンク

 

 

CMの流れ

【女優】(肩を回しながら)ふ~~~~~っ

♪ぐる塗りロイヒ!

♪肩ぐるロイヒ!

♪首ぐるロイヒ!

♪腰ぐるロイヒ!

♪ぐるーっとロイヒ!

【ナレーション】ステンレスボールで効き目塗り込む

【女優】くぅ~~~~~~っ!

【ナレーション】ロイヒクリームフェルビ

 

痛みに直接効くフェルビナクを3%配合しているんですね。
肩こりに伴う肩の痛み、腰痛、関節痛、筋肉痛、打撲、捻挫、腱鞘炎(手・手首・足首の痛みと腫れ)、肘の痛み(テニス肘など)などにも幅広く効くんですね。

 

 

ロイヒCMに出演されている女優は誰?

調べてみると…

ありました。実際に塗ってみて使用感に満足したんですね。
スゴイ!

 

石黒エレナさんという方なんですね。

以下石黒エリナさんについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

石黒エリナさん

 

プロフィール

  • 石黒エリナ(いしぐろ えりな)
  • 平成元年(1989年)8月5日生まれ 29歳
  • 東京都出身
  • B型
  • 167cm
  • 84-61-89cm
  • 趣味 ジム・ホットヨガ・読書・ゴルフ
  • 特技 野球・バスケ・ダンス
  • BABYBOO所属

経歴

特に事務所のサイトを見ると、モデルとして活躍されているようですね。

ウィキペディアにも載っていない方でした。

知りえた情報をまとめてみました。

ミスワールド日本大会準グランプリ

【ミスワールドJapanより出典】

ミスワールドファイナリストに名を連ねていた石黒エリナさん。

ちょうどこの頃はモデルやアイドルとして活動されていたんですね。

Jasperというアイドルユニットにも所属していた

ちょうど、前列左にいるのが石黒エリナさん。

ちゃんと自分のサインを見せてくれているのがポイントです。

みんなスタイル抜群の人ばかり…と思ったら、石黒エリナさんはミスワールドJapanの準グランプリですし、メンバーの方の中にはレースクイーンもいました。

どういうグループ?

って気になりますね。

 

モデルとしても活躍

モデルとしても活躍されていた石黒エリナさん。

雑誌をはじめCMにも多く出演されていたんですね。

  • Ray2018 11月号
  • Rakuten Girls Award2018
  • HOT WATER
  • 女性セブン
  • mina
  • スウィート

など。

特にMARUKOという補正下着の専属モデルなんですね。

MARUKO CMにも出演

メイクはするのにボディメイクはしないの?

三浦翔平さんに言われて、MARUKOの補正下着をつけるのですが…

元々モデルさんなのでCMが見る人が見るとセクシー路線なCMですね。

 

その他CM一覧

その他にも結構CM出演されていました。

  • レディスアデランス
  • サニクリーン レンジフードフィルター
  • ナスタの宅配ボックス
  • 大和ハウス 安心シグマ 見とれる篇

まとめ

ニチバンロイヒの「クリームフェルビ」篇に出演されている女優さんは石黒エリナさんでした。

石黒エリナさんは、ミスワールドJapanの準グランプリだったんですね。

またアイドルとしても活動されていました。

今後の石黒エリナさんに注目ですね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

【関連記事】あわせて読みたい

ロイヒ(つぼ膏)CMの女優は誰?ペタ貼りする女性が気になる!wiki情報をリサーチ!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。