植田直通は高校から日本代表に!テコンドーやサッカーの経歴,wiki情報をリサーチ

この記事は2分で読めます

こんにちはノリスケです。

2018ロシアワールドカップの代表メンバーに、

鹿島アントラーズで活躍されている植田直通選手が選ばれました。

実は、上田直通選手はテコンドーを幼少期していた実績があり、中学校時代には全国優勝の経験も。

なんと世界大会にも出場した経験がありますね。

今でいう大谷翔平選手の二刀流、実は上田直通選手にも通じるところが。

小学校時代からサッカーを始めて中学校時代は熊本県のナショナルトレセンにも加入していたんですね。

でも本格的にサッカーを始めたのが高校からなんですって。

面白い経歴で、ワールドカップ本番でも期待されますね。

今回は植田直通選手の高校や、経歴について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

植田直通選手

 

namiさん(@gs_es10)がシェアした投稿

素敵な笑顔がまたイケメンですね。
まずはプロフィールから。

 

プロフィール

  • 植田直通(うえだ なおみち)
  • 平成6年(1994年)10月24日生まれ 23歳
  • 熊本県宇土市出身
  • 186cm
  • 79kg
  • ポジション DF
  • 鹿島アントラーズ
  • 背番号 5

小学校時代からテコンドーを始めた植田直通選手。

テコンドーでは始めてすぐ全国3位になっていますね。

同じくしてサッカーにものめりこんでいました。

 

高校はどこ?

調べてみると…

大津高校でした。

大津高校は地元熊本県でも屈指の強豪校ですね。

1年生のころより才能を見出され、なんとスタメンに。

実はこの時、FW(フォワード)からDF(ディフェンダー)にコンバートされていました。

そこからたった1年でU-16日本代表にも選ばれていたんですね。

3年生のころには、主将になっています。

全国高校サッカー選手権に出場するも勝ち星に恵まれず1回戦敗退でした。

しかし…

 

スポンサードリンク

 

鹿島アントラーズへ

10球団というオファーの中から、植田直通選手が選んだのは鹿島アントラーズ。

理由は「ファミリーに近い環境だった」

ということでした。

多くのクラブからオファーを受けると、プロですので、私なんかやや金銭面に目が行くものですが、植田直通選手は自分自身の活躍できる環境という面から選んだんですね。

 

プレースタイルがヤバい

元々テコンドーをしていただけあって、闘志がものすごいですね。

186cmの長身と、抜群の身体能力を誇るセンターバックとして、

フィジカルの強さと空中戦の強さが際立っています。

さらに試合中の流血もしばしばあり、恐れず立ち向かうさまはまさに武闘派です。

そんな人がDFとして日本の最終ラインを守っているのは頼もしい限りです。

さらに…

50m6秒1という俊足も見逃せないポイントですね。

 

まとめ

サッカーの経歴が短いにもかかわらず、あっという間にワールドカップの代表にも選ばれた植田直道選手。

ワールドカップ本番での活躍が期待されますね。

今後の植田直通選手に注目ですね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。