黒木将胤(富島)のwikiや中学は?甲子園初出場までの経緯についても

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

創部70年で初の甲子園出場を決めた富島高校のエースピッチャーの黒木将胤選手に今回は注目したいと思います。

富島高校は21世紀枠ではなく、九州大会準優勝の実力校ですね。

なんと!県立高校なんですよね。

甲子園でも頑張ってほしい高校です。

1回戦が石川の星稜高校といきなり当たってしまうのですね。

そんな富島高校のこんなデータが…

ホント素晴らしいですね。

浜田監督が就任した平成25年(2013年)当時は部員が11人、うち半分が野球未経験者だったそうですね。

そんな弱小野球部が甲子園の切符を手に入れたというのは本当素晴らしいですね。

しかも21世紀枠ではないのですから。

今回は、そんな富島高校エースピッチャーの黒木将胤選手のwikiや中学について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

黒木将胤選手の注目度は…

ツイッターを見ると…

九州では結構注目されている投手なんですね。

 

 


この人に至っては、一昨年の1年生の段階から期待大として注目していたんですね。

 

スポンサードリンク

 

黒木将胤選手のwikiや中学は?

まずはwiki風プロフィールから

wiki風プロフィール

  • 黒木将胤(くろき しょういん)
  • 平成12年(2000年)12月12日生まれ 17歳
  • 右投げ右打ち
  • 176cm
  • 67kg

黒木将胤選手の持ち味は、最速137kmの直球にスライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜて打たせて取るのが持ち味のピッチャーなんですね。

 

スポンサードリンク

 

中学はどこ?

日向市立財光寺中学校を卒業しています。

 

甲子園初出場までの経緯

昨年秋の九州大会では、初戦、準々決勝、準決勝と3試合を一人で投げました。

富島高校は、黒木将胤選手を中心に守備から攻撃の流れをつくるのが富島高校の勝利への方程式。

宮崎県大会では2回戦、3回戦と立て続けに逆転勝利を収めたことから、

 

浜田監督は、この時

逆転の富島

を連呼していたのだそう。

相手チームにとっても、9回まで2点差あったのを2試合ともひっくり返すのですから、自分たちの自信につなげていって、さらに相手チームにプレッシャーを与える効果があったのでしょうね。

宮崎県大会での快進撃は九州大会でも!

初戦文徳(熊本)を4-1で、長崎商9-2の7回コールドで勝ち進みました。

準決勝の東筑戦においても初回に3点を失うも徐々に追いつき、8回には5-5の同点から勝ち越しました。

その中でエースの黒木将胤選手は5失点ながらも146球を投げて終盤の勝ち越しにもつなげました。

決勝戦でも4-7で敗れるも最大5点差あった試合を3点差に縮めるなど、劇的な試合運びだったんですね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

名将浜田監督率いる富島高校は、エース黒木将胤選手を擁し守備から流れをつくって甲子園にまで出場しました。

甲子園本番でも、富島旋風が巻き起こりそうな予感ですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。