廣津留すみれのバイオリンの実績は?中学や高校,wiki情報をリサーチ!

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

6月11日、夜9時から日本テレビ系列で放送の

人生が変わる1分間の深イイ話にバイオリニストの廣津留すみれさんが出演されます。

なんと!

世界屈指の大学であるハーバード大学に入学しただけでもすごいのに首席で卒業されているんですよね。

さらに、世界最高峰のジュリアード音楽院も首席で卒業されています。
そういう人はもともと頭がイイと思っていたら…
塾にも通わず、また海外留学の経験もなくハーバード大学に入学しているんです。

 


今回の放送内容は、高学歴な人は本当に幸せなのか?
ですね。

今回は気になる廣津留すみれさんについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

廣津留すみれさん

 

ツイッターを見ていると…
笑顔がとっても素敵な方なんですよね。
以下プロフィールをまとめてみました。

 

プロフィール

  • 廣津留すみれ(ひろつる すみれ)
  • 平成5年(1993年)生まれ 24歳

廣津留すみれさんは幼少期より英語を習っていて、4歳で英検3級に合格するほどの実力の持ち主だったのだとか。

ホント天才ですね。

小学校2年生では英検準3級も。

ホントすごいと思ったらお母さんが英語の翻訳の仕事をされているそうですね。

でもそれだけではないんです。

2歳からバイオリンを始めています。

コンクールでも優勝するほどの実力を小さいころより培っていたんですね。

 

スポンサードリンク

 

中学や高校はどこ?

調べてみると…

恐らく地元である大分市立上野ヶ丘中学校ですね。

 

高校はどこ?

調べてみると…

大分県立大分上野丘高校でした。

ちなみに…

大分県でも屈指の進学校で、偏差値が70あり、

東京大学を始めとする難関大を含む国立大学に200名以上の合格者を出していますね。

最近では平成28年(2016年)に化学部で特許を取得したことでも有名になっているようです。

廣津留すみれさんはもちろんその中でも、東大合格を目指す特別クラスに在籍していました。

 

スポンサードリンク

 

ハーバード大学を目指したっかけ

何故ハーバード大学?

って気になった人もいるのでは?

調べてみると…

高校2年生のころ、バイオリンの演奏ツアーに初めてアメリカへ。

そこで初めてハーバード大学に観光でキャンパスツアーに参加しています。

その時に目にした光景がホント凄かったようで…

学業が優秀なのは当たり前ですが、音楽や芸術、ITなどの分野でも一芸に秀でている人がたくさんいることに感銘を受けたようです。

この時既にバイオリンでもプロ級の腕前だった廣津留すみれさんは、ハーバード大学を目指すようになります。

 

ハーバード大学に入学するには?

よくよく調べてみると…

ハーバード大学の入学試験というものがないのだとか。

これは出願者の成長過程を見定めるためにGPAというものを採用しています。

GPAとは、

日本でいう中学3年生から高校3年生までの成績が関係してきますが、

5段階評定で4.75

なんだとか。

保健体育や、家庭科、音楽などすべて含めての成績なんですね。

しかも、基本オール5が当然という環境でいることが条件なんですね。

ホント凄い!

 

スポンサードリンク

 

バイオリンの実績は?

調べてみると…

2歳から始めたバイオリン。

なんと毎月大分から上京して東京で有名な先生のもとで習っていました。

そのおかげか…

小学校のころより実績を積み重ねていたのでした。

  • 第59回全日本学生音楽コンクール福岡大会小学生の部優勝
  • 第61回全日本学生音楽コンクール福岡大会中学生の部優勝
  • 2009年第18回IBLAグランドプライズ国際音楽コンクールグランプリ受賞
  • 2010年ニューヨークカーネギーホール・ニューヨーク大学はじめ全米4州で演奏

といったプロ級の上で前をもっていた廣津留すみれさん。

 

 

まとめ

 

廣津留すみれさんは、お母さん廣津留真理さんの教育を受けつつ、バイオリンの腕前も磨いてハーバード大学へ。

そして首席で卒業され、さらにジュリアード音楽院も首席で卒業されていますね。

ホント天才というべき才能の持ち主ですが、やはり幼少期からの英才教育が実を結んだといえそうですね。

今後の廣津留すみれさんに注目ですね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。