ナッツの効果は?いつ食べるといいの?目安やダイエットに効くナッツは?

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

ナッツといえば酒のつまみとしての認識しかなかったのでしたが、実は健康にもよかったということを知りました。

特にセレブやモデルさんの間で秘かな人気というと気になりますよね。

ナッツによっては、便秘解消や美肌効果、またむくみの解消にも効果があったとは今更ながらナッツの魅力にハマりつつあります。

今回はナッツの効果やいつ食べればいいのかについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

ナッツの効果は?

今更ながらナッツの効果について調べてみたら…意外なことがわかりました。

元々高カロリーで脂肪分が多いことからダイエットをしている方からは敬遠されていた食べ物でした。

でも実はそうではなかったんですね。

優れた美肌効果もあり、今となってはナッツ人気が沸騰していたんです。

さてそんなナッツを食べることによる効果は?

 

ダイエット効果

やはり女性が注目している理由はダイエットの効果ですよね。

アーモンドには「リパーゼ阻害成分」というものがあります。

リパーゼというのは脂肪を分解する酵素での事をいいます。

実はこのリパーゼが脂肪分を分解・吸収せずに排出する働きがあるため優れたダイエット効果があるといわれています。

 

血糖値の上昇を抑える

最近血糖値の急上昇と急降下で血糖値スパイクという言葉があります。

糖分を吸収することによって血糖値が急上昇することを緩やかにすることによって糖尿病の予防になりますよね。

アーモンドなどのナッツと一緒に、炭水化物を摂取するとブドウ糖まで分解されずに等の吸収を抑える効果があります。

 

アンチエイジングの効果も

実はナッツにはアンチエイジングの効果もありました。

老化防止にも効果があったなんて嬉しい限りですよね。

老化する要因として酸化と糖化と言われています。この酸化に効果があるのがアーモンドをはじめとするナッツなんですね。

ナッツの栄養素にはビタミンEが含まれています。

このビタミンEには抗酸化作用があり老化の予防に一役買っているといわれていますね。

 

腸内環境の改善も

ナッツの多くは食物繊維が豊富なので腸内環境を整える効果も期待できそうです。

さらに腸内の善玉菌のエサとなることから便通がスムーズになり、便秘解消によるダイエット効果が期待できそうです。

 

スポンサードリンク

 

ナッツの食べる時期はいつ?

次に気になるのがナッツを食べる時期(タイミング)によっても変わってくることがわかっています。

最近は間食でナッツを食べる人が増えていますが、これが本当に効果を発揮するのか?

気になりますね。

間食として食べる場合

ナッツを間食として食べるといいということを聞きますが、実際には?

小腹がすいたとき、ナッツを少々食べると食事の時にドカ食いを抑えることができたり、また咀嚼回数(噛む回数)が増えることで満腹感が得られ、食事量を減らす効果が期待できます。

また、空腹感がマックスの時に食べる食事は何を食べてもホント美味しく感じるものです…

そんな時、間食として食べるナッツが必要な栄養分の補給と、その後の食事量を抑えることによって1日の摂取カロリーを減らす効果につながりますね。

食後に食べる場合

ナッツを食事中や食後にデザートとして食べる場合、様々な食べ物や飲み物に含まれる老化物質であるAGEの吸収をナッツが妨害してくれるんですね。

これは嬉しいですよね。

これによって老化を防止してくれて、アンチエイジングに一役買ってくれるんですね。

 

スポンサードリンク

 

1日に食べる目安は?

いくらダイエットやアンチエイジングに効果があるといっても、食べ過ぎはよくないことはお分かりでしょう。

では1日の平均の目安を調べてみたところ…

1日の目安は25gということがわかりました。

この量はどのくらい?

というと片手で一つまみ、手のひらに乗るサイズくらいですね。

いくらダイエットに効くといっても食べ過ぎはやはりダメですよね。

 

ダイエットに効くナッツは?

やはり一番気にあるのがダイエットに効果があるナッツは何だ?

というのが一番気になることと思います。

以下3つの種類のナッツを紹介しますね。

アーモンド

ナッツの代表格ともいえるアーモンドですが、実はダイエットの効果が抜群なのです。

アーモンドには良質な不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

アーモンドを食べることによって血糖値の急上昇を防ぐ効果があります。

さらにアーモンドを使った実験で、毎日25粒摂取したところ6か月で体重が平均5%減少したというデータも。

また、AGEsというシミやしわ、たるみの原因になる物質を抑制するという項かもありますね。

クルミ

不飽和脂肪酸といえば青魚に含まれていることが知られていますが、実はクルミにも豊富に含まれているんです。

不飽和脂肪酸の中でも特に美容効果が高いといわれるオメガ3脂肪酸は青魚以外にもクルミにも多く含まれているんですよね。

このオメガ脂肪酸にはコレステロール値や中性脂肪値を下げる働きがあるんですね。

さらに食事の中にクルミを取り入れることによって良質な不飽和脂肪酸による満腹感が得られることによって満腹感が得られて、体重増加も防げそうですね。

ピスタチオ

殻がついて食べにくいと敬遠されがちなピスタチオですが…

カリウムが豊富に含まれているので余分な塩分を排出する働きがあります。

またむくみの解消にも。

さらに、疲労回復に効果があるビタミンB1も豊富なんです。

疲れているとついつい甘いものを取りたいと思う時にピスタチオを摂取することで血糖値の急上昇も防ぐことができますね。

 

まとめ

ここまで…ナッツを食べることによる効果やいつ食べればいいのかというタイミングについて書きました。

意外な盲点もあり、ナッツは実は優秀な食べ物であることがわかりましたね。

楽天の2018年上半期第1位となったミックスナッツでダイエットや健康管理にいかがですか?

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。