マギアレコード(マギレコ)CMの外国人女性は誰?インスタやwiki情報をリサーチ!

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

スマートフォンゲーム魔法少女まどか☆マギカ外伝1周年のCMが放送されていますね。

CMでは外国人女性がフィギュアスケートで華麗に踊っている様がとっても素敵ですね。

よくよく見てみると…

フィギュアスケートの選手じゃないとこれだけ回れるのか?

といった疑問がわきました。

調べてみると…

やはり只者ではないフィギュアスケーターはロシアのザギトワさんでした。

 

今回はフィギュアスケートのザギトワさんについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

CMの流れ

【フルバージョンです】

 

【ナレーション】

魔法少女まどか☆マギカ外伝

マギレコ1周年

 

メイキング映像も

メイキング映像の中にザギトワさんの想いが伝わるコトバがありました。

抜粋しますね。

彼女たちと同じく、私も練習や試合に臨むとき

希望はもちろん、時には絶望を感じるときもあります。

でも、どんな状況にも正面から立ち向かう

そんな想いがこの映像から伝わると嬉しいです。

とっても素敵な演技をするために、細かい点にもこだわって毎回真剣に滑っているからこそなのかも知れませんね。

フルバージョンでは失敗している姿も映し出されています。

こういったことは日常にあって、本番に照準を合わせているからだからこそなのかも知れませんね。

 

 

スポンサードリンク

 

ザギトワさん

 

Alina Zagitovaさん(@azagitova)がシェアした投稿

ザギトワさんは平昌五輪で金メダルをとりましたよね。

まずはプロフィールから。

 

プロフィール

  • アリーナ・イルナゾヴナ・ザギトワ
  • ロシア語表記 Алина Ильназовна Загитова
  • 2002年5月18日生まれ 16歳
  • ロシア、イジェフスク出身

ザギトワさんはロシアのイジェフスク出身ですね。

Google地図で調べてみると

ロシア連邦ウドムルト共和国首都・イジェフスク市は、カラシニコフ銃をはじめとする武器工場の町で、ソ連時代には地図にすら、載っていない街だったんですね。

 

スポンサードリンク

 

経歴

5歳のころにスケートを始めたザギトワさん。

それまで滑走していただけだったのが、フィギュアを始めたのが7歳の時でした。

12歳の時(2015年)親元を離れてモスクワでフィギュアに打ち込むも、わずか3か月で見限られてしまいます。

その時のコーチがロシア団体金メダルを導いたエテリトゥトベリーゼのもとで師事していたんですね。

ザギトワ選手を見ると順風満帆な人生で順調に平昌五輪で金メダルをとった新星とみていたんですが、実はそうではなかったんですね。

その後も2015―2016シーズンではロシアジュニア選手権で9位、

翌年の2016年シーズンではモスクワ予選12位で予選敗退していますね。

しかしこの後…

ザギトワさんに変化が訪れます。

この年進出したジュニアグランプリファイナルでは、ショート、フリー共にジュニアクラスの世界最高得点をたたき出し、ジュニアとしては史上初の200点越えをはたし、207.43点で優勝しています。

2017ー2018年シーズン、平昌五輪のこの年…

才能は一気に開花します。

絶対女王エフゲニア・メドベージェワ選手とのシニア初の直接対決となったヨーロッパ選手権では、2年ぶりに土をつけました。

なんと!ショート、フリーともにノーミスで1位となり、世界歴代2位の合計238.24点で初優勝しています。

その後、平昌五輪では金メダルに輝いていますね。

この時、15歳9か月でした。

15歳9ヶ月での金メダル獲得は、

1998年長野オリンピックで優勝したタラ・リピンスキー、2014年ソチオリンピック団体戦で優勝したロシアのメンバーであるユリア・リプニツカヤ以来史上3番目の若さとなったんですね。

 

まとめ

マギアレコードCMの外国人女性はザギトワさんでした。

ザギトワさんは15歳9か月という史上3番目に若い金メダリストとして、今後の活躍が期待されますね。

でも…

ここまで様々な紆余曲折を経て、一気に才能が開花したんですね。

今後のザギトワさんに注目ですね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。