鬼ちゃんの本業は何?家族構成や鬼嫁と8人の子供についても!

この記事は3分で読めます

こんにちはノリスケです。

auのCMに出演している鬼ちゃん。ついに長男の赤鬼が登場して、苦しい懐事情と息子とのやり取りの中で本業を増やすと宣言されました。

…で、本業は?

とっても気になりますよね?

 

 

View this post on Instagram

 

すだまさきがすきさん(@i_love_masakisuda)がシェアした投稿

ついに息子赤鬼も登場し、謎のベールが1枚づつはがれていく、そんな感じでしょうか。

今回は、鬼ちゃんの本業と、家族構成や鬼嫁と8人の子供についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

「鬼の親子篇」CMの流れ

 

【鬼ちゃん】お前、将来どうするんだ?

【赤鬼】お父さんの電気屋さんを手伝うよ!

【鬼ちゃん】雷さまのことか?

【赤鬼】うん!

【鬼ちゃん】進学しないのか?

【赤鬼】うち家計大変じゃん

【鬼ちゃん】生意気いうな!

金の心配ならしなくていいっ!

だって、お前勉強好きじゃねーか!

学んだことは誰にも奪われないから

【ナレーション】

親子で笑おう!ピタッと学割

【鬼ちゃん】さて、副業もう一つ増やすか!

【赤鬼】お父さん…本業って何?

【鬼ちゃん】…え!?

 

鬼ちゃんの本業はなに?って気になりますよね。

その前の「学んだことは誰にも奪われないから…」

この言葉に伏線があると思いました!

その点についてはまとめで後述します。

 

スポンサードリンク

 

鬼ちゃんのプロフィールや家族構成

 

鬼ちゃん👹💗🙈💗 #菅田将暉 #菅田 #sudamasaki #鬼ちゃん👹 #aucm

…aoi…さん(@da.su0228)がシェアした投稿 –

まずは鬼ちゃんのプロフィールからいってみましょう。

基本笑顔な超軽い鬼。桃ちゃんに退治されてケンカの後は友達になり、桃ちゃんの紹介でみんな友達になりました。

  • 鬼ちゃん
  • 年齢 156歳
  • 結婚歴 25年
  • 子供 8人

 

子供の名前は?

  • 長男 赤鬼
  • 次男 青鬼
  • 長女 鬼子
  • 三男 オニオン
  • 四男 おにぎり

とありました。

名前を付けたのはフィーリングなんだとか【スーパーカケホ「鬼の子」篇】で明かしていますね。

更にその下が3つ子で名前が気になるところですよね。

 

スポンサードリンク

 

副業の数々

鬼ちゃんの副業って色々やってますよね。

  • 太鼓~雷様(電気屋)だと思ったら…「副業っす」って言ってましたね。
  • 鬼甘いしるこ~鬼甘・鬼固・鬼濃いめなど味が選べます
  • 雷おこし~8人の子供を養うために夏祭りで売っていました。

そして最近…半額屋も開業しています(笑)

 

板phone面白すぎですよね~。

 

かまぼこの板?

って思うような。

そして全ての機能をそぎ落とした最新のスマホなんだとか。

 

面白すぎですね。

公式サイトには…

雷様を兼任したり、正月にはおしるこ屋、夏まつりでは雷おこし屋を営むなど、家族を支えるために副業もがんばっている。

とありますね。

果たして本業は?

 

スポンサードリンク

 

鬼嫁も気になる

世間のイメージで鬼嫁ときたら…

北斗晶さんが検索上位に…

やはり強いイメージがありますよね。

元々は「鬼嫁日記」というブログからドラマになったことから定着した感がありますね。

 

鬼嫁日記の観月ありささんも面白かったですね。
どちらかといえば、観月ありささんは「ナースのお仕事」
の方がイメージが強いです。

こちらも検索してみると、赤鬼の次は鬼嫁か?

という期待の声も

ホント次のCMが待ち遠しいですね。

 

まとめ

auのCMの鬼ちゃんのシリーズはここで新たな展開を見せるのか楽しみですね。

ここで気になったある伏線が

「学んだものは誰にも奪われないから…」

よく考えてみると、鬼退治される前は?

ってことに行きつきそうな気がしました。

そういった点も次回作で見れたらな~って

個人的には思いました。

そう考えると、現代的に言うと資産家?不動産投資とか昔は凄かった的な感じもしますよね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。