【生命保険】名義によってかかる税金が違う!損をしないために

この記事は2分で読めます

生命保険をかけるというのは、住宅の次に大きな買い物だということを知っていますか?こんにちはノリスケです。保険のかけ方は人それぞれですけど、受け取りの場合によっては、税金の名称が違うということを知っています?意外と知られていないんです。しかも受け取りの事まで教えてくれる保険の外交員もあまりいません。今回は、名義によって税金の名目が違うということを紹介していきます。

スポンサードリンク

保険の名義はどうなっているか

まずは用語の定義、保険の名義を見てみましょう。

契約者とは保険会社と契約をする人で契約の当事者となる人

被保険者とは保険の補償を受ける人をいいます。これが契約者と同一人物の場合と、同一人物でない場合があります。

受取人とはそのまま保険金を受け取る人の事ですね。

この名義が誰になっているかで税金の名称が異なるので、誰にするのかで相続税になるのか、所得税になるのか、贈与税になるのかで全く異なる結果となりますので要注意です。

かかる税金の違い

税金の区分 契約者 被契約者 受取人
相続税
所得税
贈与税

簡単に表で表してみました。

相続税の場合

旦那さんが契約者として契約し、旦那さんが何かあった場合奥さんが受け取る場合は相続税がかかります。この際、5000万円まで非課税です。この際に死亡保険金以外にも財産がある場合にはまた計算方法が変わってきますし、年金として受け取る場合には2年目以降所得税が源泉徴収されます。

 

所得税の場合

旦那さんが契約者となり奥さんが被契約者と受取人となった場合、こちらは所得税がかかります。できれば契約者と被契約者は同一の方がいいのですが、上図ではあまり当てはまりませんが、奥さんの死亡保険を旦那さんが受け取る場合には所得税が発生しますので要注意です。

ちなみに保険金額が3,000万円の場合、所得税の納付額は約387万円にもなります。

贈与税の場合

契約者、被契約者、受取人が全て異なる場合には贈与税となります。上記の場合、旦那さんは生存しているのでまた複雑になっていきます。

例えば奥さんが500万円の生命保険に加入していた場合、約53万円が贈与税としてかかります。

スポンサードリンク


まとめ

保険と言っても名義を誰にするかで税金が違うとは私が知ったとき非常にリアルに感じたのと、この名義が誰かによって重要なんだと思い知らされました。

私は現在44歳で、祖父や祖母の死を経験して、父や母から税金のことも少しでしたが聞きました。残された家族のために、税金のことまで目を届かせておかないと、「いざという時のための保険なのに」と悔いが残りますよね。

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。