ふるさと納税【12月駆け込み】支払い方法で損をしないためにしておきたいこと

この記事は2分で読めます

年の瀬の12月、いよいよ今年度ふるさと納税の申し込みもあとわずか。この忙しい時期に、支払い方法によっては損をしかねないのです。是非早めの申し込みと、支払い方法の選択にご注意を。

今回は駆け込み時期だからこその、ふるさと納税の支払い方法について紹介していきます。更にお得な話も。

ふるさと納税は12月中に。お得な話も

 

損をしないために

まずふるさと納税の期間と期限について。

ふるさと納税の今年度分の申し込みは1月1日から12月31日までです。ここでの注意点が、支払いが完了した日が申し込み日となることです。

例えば12月25日に申し込み、銀行振込などで決済をしたい場合、翌日26日に自治体から振込用紙を発送、自宅到着が28日頃、そのまま銀行振込で決済、であればギリギリセーフ?

とはならない場合も。

どういうことかというと、各自治体の申し込み期限が違うということです。各自治体の仕事納めが28日ですので、この日の夕方までに、振込の確認が取れていないと、翌年の扱いになってしまうということです。

※各自治体によって申し込み受付最終日が違うため、注意が必要、要確認ですね。

しかも、銀行振込の特性として、昼以降は翌日扱いになるために28日午後に振り込みだとアウトです。

ポイントは支払い日が受付日となるということです。

ワンストップ特例制度の郵送も忘れずに

ワンストップ特例制度とは、支払い確定後送られてくる封筒の書類のことで、確定申告が不要になる重要書類です。

正式名称は「寄付金税額控除に係わる申告特例申請書」

条件としては

  • 1年に5自治体以下の納税
  • 元々確定申告の必要のない給与所得者

です。これをすぐに送り返すと一安心です。

ちなみにワンストップ特例制度の書類は平成28年度(2016年度)は平成29年(2017年)1月10日までに到着している必要があります。

お得な支払い方法

次に支払い方法の選択です。

クレジットカードなら、リアルタイムで支払いが終わるので、いつ振込用紙が届くのかやきもきせずにいられます。

特に12月も20日を過ぎると、だんだん間に合うのかとハラハラしだしたりして、心配になって自治体に電話をして、催促なんてことも予想されます。

※実は私昨年末このような事をして、ある自治体にご迷惑をかけました(丁寧な対応で助かりました)

そんな思いをするくらいならクレジットカードでの支払いが一番です。ポイントもつくし、便利ですね。

でも!まだ更にお得な方法があります。

更にお得なポイントサイトを経由

ポイントサイトというものがあります。

条件はポイントサイトに登録して、そこからお買い物という形を取ると、ポイントを2箇所からもらえます。

ポイントの二重取りというやつです。このポイントサイトを

経由しただけで、ポイントの二重取り完成です。

こちらから登録して頂けると、500ポイントプレゼント。

手順は

  • 空メールを送信
  • 送られてきたメールから仮登録
  • 更に必要事項を記入して登録完了

ここまで最短3分で終わります。

そのまま、ポイントサイトのお買い物から楽天市場にアクセス。そこからふるさと納税の手続きをしたら終了です。

自動でお買い物承認メールが来てポイントゲットです。(場合によっては少々時間がかかることも)

まとめ

12月も中旬となり、いよいよ年末に向けて忙しくなっていく時期。ふるさと納税も12月中に申し込まないとせっかく

今年の分の納税が来年扱いになってしまうので、よく締め切りの日を確認し余裕を持った行動でいくことをおススメします。

 

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。