個人型確定拠出年金iDecoとは?節税効果についても

この記事は2分で読めます

確定拠出年金とは会社が加入している「企業型」と企業年金制度のないサラリーマンや、自営業者が加入している「個人型」のふた通りあります。厚生労働省が募集した愛称も「i Deco(イデコ)」に決まりました。特に平成29年(2017)年1月から公務員や専業主婦にも新たに加入出来るようになります。特に注目したいのが節税の効果です。メリットやデメリットなどを含めて述べていきます。

個人型確定拠出年金のしくみ

毎月決まった金額を積み立てて自分で運用先を決め、定期預金や投資信託などで運用して自分用の年金とします。国民年金、厚生年金に上乗せされ、運用次第で更に将来もらえる年金が増える可能性があります。この個人型確定拠出年金は転職や離職による持ち運び(ポータビリティ)も可能です。

月額の掛金は5,000円から1,000円単位で始められます。

以下上限額です。

  • 公務員          12,000円
  • 会社員(企業年金あり)12,000円
  • 会社員(企業年金なし)23,000円
  • 専業主婦(夫)       23,000円
  • 自営業             68,000円

 

メリット

若いうちにコツコツとかけていると掛け金が単純に多くなるため一番たまります。通常、定期預金などは利息に税金がかかりますし、マイナス金利のご時世、ほとんど効果がありませんが、こちらは掛け金の全額が所得控除の対象となり、所得税と翌年の住民税が軽減されます。更に運用益は通常の投資信託ですと、運用益に20%の税金がかかりますが、こちらは非課税です。老後に給付される時には、一時金の場合「退職所得控除」、分割で受け取る際にも、「公的年金等控除」の対象となります。

デメリット

加入出来るのが、60歳までの間で原則途中解約できません。更に口座を作るのをどこにするかでも変わってきます。特にポイントは手数料。いくらかかるのか、是非契約の前にいくらかかるのか、じっくり計算してから契約でも遅くはありません。

それと掛け金の金額は1年に一度変えることができますが、60歳を超えるまで原則引き出せないため、無理のない範囲で実施することをお勧めします。

節税効果

現役時代には、掛け金まるまる所得控除の対象になるのは嬉しいところです。しかしながら、持ち家がある人は、住宅ローン、地震保険、生命保険などの控除なども計算に入れておかないと、戻ってくる税金自体がなくなってしまうとうま味がなくなりますので、そこは良く計算して検討しましょう。

運用時はどこに頼もうと悩みどころですが、商品の切り替え(スイッチング)により何度も売買できるのは強みですね。最後に受け取り時。一時金は「退職所得控除」として、分割で受け取る場合は「公的年金等控除」として一定額が非課税に。

特に注意したいポイントとして、会社の退職金や企業年金、公的年金との合算の際は注意を要します。受け取りをずらすのも良いですが、計算が複雑になるため、一度確認されることをオススメします。

まとめ

将来の自分年金を増やすために、色々と検討を重ねたうえで、契約しましょう。比較検討の材料は沢山あり、どうしたらなんて悩むことも多いと思います。悩んでいるうちは、「契約はしない方がいい」ということが言えそうです。自分自身にとって契約をするための「準備が整っていない」のを自分自身のお金に関する嗅覚で感じ取っているからです。更にこれは自分で年金を老後にもらう為の貴重なお金。勧められるがままに、よくわからないまま契約することがないようにしましょう。

個人型確定拠出年金の記事は今後も記事を出していきますのでおたのしみに。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。