お金持ちになる方法

この記事は3分で読めます

世の中のお金持ちって、どのような人なんでしょう?大豪邸に住んでいる、外車に乗っている。人それぞれイメージはあることでしょう。

ちょっとだけ思い浮かべてください。

貴方にとってお金持ちとは?

m017-042

イメージと、実際のお金持ちって違うかも知れません。豪華で羽振りがいい人は「成金(なりきん)」なのかも知れません。

金持ち父さん貧乏父さんから

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金持ち父さん貧乏父さん改訂版 [ ロバート・T.キヨサキ ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/11/27時点)

 

「金持ち父さん貧乏父さん」【ロバートキヨサキ】って本はなるほど!って目からウロコが落ちる内容ですので是非読んでほしい一冊です。

ロバートキヨサキが小学校の頃、こんな経験をしています。

金持ち父さんが経営するコンビニでタダ働きをしていたら、ある光景を見てハッとしました。それはコンビニの店員が漫画雑誌を切り抜いていました。

その時にロバートキヨサキは、売れ残った漫画雑誌を転売しないという約束で入手、なんとその漫画雑誌を無料で入手、図書館を開き、入館料をとるというアイディアでした。

お金持ちになる方法、「稼ぐ」とはこういうことか!

と妙に納得したことを覚えています。

それは、給料を安いと嘆くだけでなく、自分で「お金を稼ぐ」ことだったんです。

年収を上げる方法

年収を上げるにはどうしたら良いでしょう?サラリーマンが年収を上げるには、資格を取る?節約?

いいえ、合法的に稼ぐことです。

でもどうやって?会社では副業は禁止されているし…っていう人は私もそうでしたが優等生タイプですね(笑)

学校教育ではいい大学に入り、いい会社に就職するために勉強してきました。いわば労働者として優等生であればいいわけです。

ちなみに私は嫁と娘、息子の4人家族です。

ある方法で年収500万ちょっとだったんですが、今では年収800万円を超えて900万弱くらいです。

それは収入の柱を増やしたからです。

 

「収入を増やす」をネットで調べてみると、株やFXなどの投資?それとも不動産投資?って思いがちです。

いえ違います、まずは嫁に働きに出てもらいました。共働きですね。

意外と、私の職場では配偶者控除を気にして専業、若しくはパートの方が多いんですよ。

しかも将来の年金不安を言っている人に限って漠然とした不安を抱えています。今やお父さんだけの収入は頭打ちです。

それでも嫁が契約社員として働いてくれるお陰で、しかも厚生年金もかけてくれますし、昼間ほとんど電気代もかからないので、将来の漠然とした不安は半分解消しています。

その他にも合法的に年収を上げる方法として、公務員でも出来る副業ってあるんです。

それが株式投資や不動産投資なんです。

(私はやってません。)

知り合いの高校教師が株式投資をしていてびっくしました。何たって公務員が副業してるの!?って思いますが、実際には株式投資、不動産投資、農業は合法的に認められています。

こうしてみると様々な方法で年収を上げる方法はあるんですね。

稼ぐこととは

私含む、学校に通っていた頃はいい大学、いい会社に就職と、全く疑いもしませんでした。家を建てて平凡な暮らしで歳をとることが普通の人の暮らしだと思っていました。

金持ち父さん貧乏父さんに出てくる用語で

「ラットレース」

という言葉があります。毎月の支払いに追われて朝から晩まで働きづめのことを言います。確かに今の私はラットレースの中でもがいていると感じます。

そこから抜け出せと金持ち父さんは言います。

でもどうやって?

その答えが小学校の頃のロバートキヨサキだと思うのです。漫画雑誌の図書館経営です。

「チャンスはそこらじゅうに転がっている。チャンスと感じないのはまだチャンス掴む準備が整っていないからだ」

ある知り合いに言われた言葉です。

今ではこの言葉はなるほどと思えるようになりました。稼ぐチャンスはあるんです。

ただ方法がわからないだけ。

きっとチャンスはそこらじゅうにあります。

今やブログやYou Tubeで稼ぐ人がいる時代です。

まとめ

一度「金持ち父さん貧乏父さん」を読むことをオススメします。稼ぐことって何だろう、ラットレースって?きっとなにか、お金持ちになるためのヒントが隠されています。

私も修業中の身ですが、10年後起業します。自分で稼ぐ術を身につけます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

貴方もきっと、チャンスを得てお金持ちになることが出来るヒントがあります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。