吉田知那美(カーリング)がかわいい!妹も?戦力外通知と経歴についても

この記事は3分で読めます

先ほど、Yahoo!ニュースでカーリングの平昌五輪決定戦が北見市のアドヴィックス常呂カーリングホール行われました。

LS北見が中部電力を下して、チーム初の五輪出場を決めました!

こんにちはノリスケです。

 

吉田知那美選手を調べてみると、過去戦力外通知もあり、そこから奮起しての平昌五輪出場は喜びもひとしおでしょうね。

妹の吉田友梨花選手もかわいいですね!

今回は吉田知那美選手と妹友梨花選手について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

吉田知那美選手

 

  • 吉田知那美(よしだ ちなみ)
  • 平成3年(1991年)7月26日生まれ 26歳
  • 北海道常呂郡常呂町(現北見市)出身
  • 157㎝
  • 性格 強か
  • 特技 荷造り

 

 

 

 

 

 

 

【Loco Solare公式サイトより出典】

小学校2年生からカーリングを始めた吉田知那美選手。

吉田知那美選手の出身地の北海道常呂郡常呂町(現北見市)は昔からカーリングの町として盛んだったんです。学校の授業でカーリングがあるくらいですから。

北見市立常呂中学校時代に妹の吉田友梨花選手と共に「常呂中学校ROBINS」を結成します。

平成18年(2006年)に日本カーリング選手権において、トリノ五輪代表でもあったチーム青森に予選で勝利するなど中学生旋風を起こしました。

網走南ヶ丘高校時代には常呂中学校ROBINSから常呂JJに改めて人は変えずにプレーしていましたが、思うような成績はあげられませんでした。

高校卒業後カナダに留学し、帰国後北海道銀行に就職。

北海道フォルティウスに所属します。

 

スポンサードリンク

 

戦力外通告

北海道フォルティウス時代にはソチオリンピックにも出場、中心選手になるはずでした…

しかしながら戦力外通告を受けてしまいます。

この時の話を、

「前のチームではカーリング界の大ベテランの先輩たちのもとで学ばせてもらって、ついていくのが正直必死な部分がありました。

それがソチオリンピックで、私の技術であったりメンタル面だったりの不足が結果に現れてしまい、チームを離れなさいという宣告になったと思っています」

と述べている吉田知那美選手。

 

その後、LS北見の本橋麻里選手に誘われて、現在に至ります。

戦力外通告は本人にとってもとてもショックでつらい出来事だったに違いありません。


北見に帰ってこれてよかったですね!

 

妹の友梨花選手もかわいい!

  • 吉田友梨花(よしだ ゆりか)
  • 平成5年(1993年)7月7日生まれ 24歳
  • 北海道常呂郡常呂町(現北見市)出身
  • 性格 几帳面
  • 特技 早起き、整理整頓、水泳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Loco Solare公式サイトより出典】

お姉さんの知那美選手と共に友梨花選手も5歳からカーリングを始めます。

中学校時代にはお姉さんと一緒に常呂中学校ROBINSに所属していました。

この時13歳!当時の日本選手権最年少だったんです。

北海道常呂高等学校に進学した友梨花選手は本橋麻里選手が北見で結成したLS北見に参加します。

その後東海大学に進学し、学業と競技を両立させます。

現在もLS北見に所属していますね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

吉田知那美選手は戦力外通知という幾多の困難を経て、妹の友梨花選手とともに平昌五輪に出場が決定しました。

来年2月の平昌五輪ではソチ五輪に引き続き、メダルにも期待が高まりますね。

今後の吉田知那美選手に注目ですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。