渡辺昇一逝去(死去)で原因は?生前の功績についても

この記事は2分で読めます

残念なニュースが飛び込んできました。

評論家の渡辺昇一氏が17日、

13時55分に心不全のため逝去されたとの事です。

86歳でした。

まずは故人のご冥福をお祈り申し上げます。

こんにちはノリスケです。

渡辺昇一氏といえば保守の評論家として有名だった方です。

昭和の頃には、今と違って教科書検定で「侵略」を「進出」

と書き換えたとする記事をいち早く「誤報だ」と指摘、

正確な事実関係に基づく報道を訴えられていました。

葬儀や告別式は親族で行い、お別れ会を開く予定なんだとか。

今回は逝去された原因と生前の功績について紹介していきます。

 

スポンサードリンク

渡辺昇一

  • 渡辺昇一(わたなべ しょういち)
  • 昭和5年(1930年)10月15日生まれ 86歳
  • 山形県鶴岡市出身
  • 英語学者・評論家

経歴

  • 山形県鶴岡中学校卒
  • 山形県立鶴岡第一高等学校(現鶴岡高等学校)卒
  • 上智大学文学部英文学科卒
  • 同大学大学院修士課程を経てドイツのミュンスター大学博士課程修了
  • 上智大学講師→助教授→教授

上智大学より名誉教授の称号をもらった渡辺昇一さん。

専門が英語ですが、同時に日本のあり方についても

保守派の立場から発言されていました。

特に、英語という外国語から知る日本という

見方、一面あったのかも知れませんね。

平成27年(2015年)瑞宝中綬章受賞

スポンサードリンク

著書も多数出版

主な著書に「日本史から見た日本人」「ドイツ参謀本部」など。フランシス・フクヤマ「歴史の終わり」など翻訳も多数手がけました。

 

 

電子書籍版です。¥648なんですね。

累計118万部のベストセラーにもなりました。

 

逝去の原因は

心不全なんだそうです。

心不全とはよく、死因に多いですが、

何らかの症状などにより、心臓から血液が送られ

にくい状態になりますね。

この状態を心不全と呼びます。

心不全による死亡者数は、

厚生労働省の2014年の調査では

7万1,656人で、心疾患全体の19万6,926人のうちの38%近くになり、

心疾患のうちのトップとなります。

また、死亡数全体に占める割合は、

心疾患は15.5%となりますので、心不全だけでみても6%にも

平成26年度人口動態統計より

よく死因に挙げられますが、心疾患に非常に多いんですね。

心疾患全体の38%なんですね…

スポンサードリンク

まとめ

渡辺昇一さんの生前のご活躍は、日本の保守のあり方に

一石を投じ、やがて多くの人に共感を呼びました。

渡辺昇一さんのお悔やみを申し上げるとともに、

ご冥福をお祈り致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。