角田夏実(柔道52kg級)がかわいい!経歴や高校,大学,得意技も調査

この記事は2分で読めます

柔道世界選手権が8月28日(月)から9月3日(日)までハンガリーのブダペストで実施されます。

こんにちはノリスケです。

女子52kg級に出場の角田夏実選手が気になりました。

ルックスも同階級の阿部詩選手と同様かわいいですね!

阿部詩(柔道52kg級優勝)って誰?出身校やプロフィール,兄も有名柔道家

今回は角田夏実選手の経歴や高校、大学、得意技について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

角田夏実選手

 

  • 角田夏実(つのだ なつみ)
  • 平成4年(1992年)8月6日生まれ 25歳
  • 千葉県八千代市出身
  • 161㎝

この笑顔がたまらないですね!

 

経歴や高校,大学はどこ?

小学2年の時に父親の影響で柔道を始めました。

それが八千代警察署。

私も柔道経験者ですのでわかるのですが、警察の柔道はヤバいです…

きっとそこでの練習は厳しい環境でしょうから、あっという間に才能は開花し、八千代松陰中学校時代に全国中学柔道大会に出場!

しかし初戦敗退で角田夏実選手の闘志に火がつきます。

3年生になる頃には勝田台中学校へ転校します。

「え!?なんで?」

と思うのですが、そこは角田夏実選手の計算。

高校へは八千代高校へ進学するための伏線でした。

かくして希望通り八千代高校へ進学すると、インターハイ常連に…

しかし上位入賞するものの、3位や5位という成績…

3年生の時にはインターハイで5位という結果に…

こうして伸び悩んだ角田夏実選手でしたが、顧問の先生に叱責され東京学芸大学へ進学します。

大学では柔道やサンボ、柔術の試合にも出ていた先輩の影響で関節技をはじめとした寝技を重点に強化が図られました。

国立大学の学生は高専柔道という寝技中心の柔道の流れが今でもありますね。

3年生の時には学生体重別で優勝、その年の国体でも活躍し千葉県チームの優勝に貢献しました。

翌年の国体成年女子の部で2連覇を果たします。

 

スポンサードリンク

 

了徳寺学園職員へ

平成27年(2015年)には了徳寺学園の職員になった角田夏実選手。

翌平成28年(2016年)には講道館杯で優勝。

その後グランドスラム東京で阿部詩選手を腕ひしぎ十字固めで破り優勝!

平成29年(2017年)2月に行われたグランドスラム・パリでは決勝で敗れて2位に。

4月の体重別ではゴールデンスコア方式の延長戦で敗れて2位になるも、世界選手権の代表に選出されました。

 

得意技は?

角田夏実選手の得意技は、内股と寝技(特に関節技)なんだそうです。

左組みです。

先ほどの高専柔道の流れもあり、スタイルが少々変則気味なんですね。

関節技がうまい人はどこからでも繰り出せるのも強みです。

動画もありました!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

角田夏実選手は小学2年生から柔道を始めて、

八千代松陰中学時代には全国大会出場!

八千代高等学校を経て、東京学芸大学時代に寝技を中心とした柔道を身につけました。

得意技は内股、関節技ですね。

世界選手権での一番とびきりの笑顔が見たいですね!
今後の角田夏実選手に注目ですね!

最後までお読みいただきありがとうございます!

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。