北極美人女性冒険家(笑ってコラえて)は誰?プロフィールも!

この記事は2分で読めます

2月8日(水)夜7:00から笑ってコラえてのちょっと昔の旅、北極美人女性冒険家で高野孝子さんが紹介されます。こんにちはノリスケです。平成7年(1995年)8月19日に犬ゾリで北極海を横断するという一歩間違えたら死んでしまうことをやってのけました。そんな高野孝子さんを紹介します。

スポンサードリンク

高野孝子さん

  • 昭和38年(1963年)3月30日生まれ
  • 新潟県南魚沼市出身
  • 夫 大前純一(元朝日新聞社)
  • 昭和61年(1986年)早稲田大学第一文学部卒業
  • 平成元年(1989年)早稲田大学大学院政治学修士
  • ジャパンタイムズ入社
  • 平成3年(1991年)退社 厳冬期のソ連極東地方冒険行 ベーリング海峡を横断
  • 平成4年(1992年)NPO法人エコプラス設立
  • 平成7年(1995年)国際チームで北極圏を犬ゾリとカヌースレッドで横断
  • 平成14年(2002年)「オメガアワード2002」受賞
  • 平成23年(2011年)早稲田大学客員教授
  • 平成25年(2013年)早稲田大学留学センター教授

【co-activeより出典】

北極海を横断するのに、かなり周到に準備して臨んだようですね。厳冬期のソ連極東地方冒険行でベーリング海峡を横断する際にソ連空軍の演習に参加されていました。よくソ連軍の演習に参加できたなと感心してしまいます。それにもまして、厳冬期のちょっと間違えたら死んでしまうようなところに行くってただただスゴイとしかいえません。

著書

  • 「てっぺんから見た真っ白い地球ー女性冒険家の北極物語」
  • 「科学絵本 われら北極探検隊」
  • 「野外で変わる子どもたちー地球はわれらの学校だ」
  • 「ホワイトアウトの世界でー北極海横断・犬ぞりの旅」
  • 「地球の笑顔に魅せられて 冒険と教育の25年」

北極海横断

国際チームで北極圏を犬ゾリとカヌースレッドで横断と経歴にありましたが、アメリカの冒険家ウイル・スティーガーという人の北極海横断のプロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトに参加したんですね。カナダで犬ぞりの訓練をして平成7年(1995年)4か国5人で編成されました。これが世界初の偉業で当時の新聞にも報道されたようですね。

この動画でちらっと北極の横断の様子も取り上げられています。

スポンサードリンク

まとめ

高野孝子さんは現在新潟県の南魚沼市を拠点にして、様々な活動をしているようです。冒険家としての顔と教授としての顔、色々な顔を持ちつつ自然と共生しているようですね。最終的に人は自然に還っていくのでしょうか?こんな人がいたなんて私は知りませんでした。

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。