高見澤安珠(クロカン日本選手権)って誰?年齢や出身プロフィールも

この記事は2分で読めます

 

クロスカントリーといえばスキーの方だと思ったら陸上もあるんですね。知りませんでした。

こんにちはノリスケです。2月25日(土)クロスカントリーの日本選手権が開催されます。その中で注目の選手が高見沢安珠選手。

今回はクロスカントリーという競技と、高見澤安珠選手を紹介していきます。

スポンサードリンク

高見澤安珠選手

松山大学の大学生なんですね。

  • 平成8年(1996年)3月6日生まれ 20歳
  • 三重県出身
  • 三重県立津商業高校卒
  • 松山大学経営学部
  • 165cm 51kg
  • リオデジャネイロオリンピック出場 3,000m障害

経歴

  • 小学校時代ソフトテニス
  • 中学校で陸上を始める 800m、1,500m
  • 津商業高校時代 800mで県総体優勝、東海大会4位入賞
  • 大学入学後3,000m障害に転向 大学選手権で2位入賞 日本ジュニア記録を更新
  • 平成27年(2015年)アジア陸上競技選手権大会出場
  • 1週間後の大学選手権 10分8秒40の大会新記録で優勝
  • 日本選手権優勝
  • 平成28年(2016年)日本選手権2連覇
  • リオデジャネイロオリンピック出場

 

3,000m障害の選手でありながら、ツイッターの画像を見ていると駅伝に出ていたり、色々な競技で走っているのですね。

スポンサードリンク

クロスカントリーとは

スキーのクロスカントリーと違うのはスキーを履いていないだけなんですね。

不整地や芝生、上り坂など自然の中を走って行く競技なんですね。

青山学院大学や東海大学の駅伝選手も走っているんですね。

競技そのものは不整地ですから、様々な見えない障害などもありそうですね。

普通にキツイ競技なんだと思いました。

上り坂や下り坂、砂地なんか絶対に走りづらそうです。

大会会場はこちら

福岡県にあるんですね。

 

まとめ

女子8㎞といいますが、アップダウンが激しいコース2kmを4周なんですが、とても過酷なコースなような気がします。

上位6人に3月の世界選手権の代表入りなんですね。

コース取りなども重要な戦術の一つとなりそうですね。

高見澤安珠選手の今後に注目ですね!

スポンサードリンク

 

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。