渡邉陽(スキージャンプ)が可愛い!年齢や出身校,怪我からの復帰も

この記事は2分で読めます

毎週日曜日、ミライモンスターを見るのが楽しみです。

こんにちはノリスケです。

高橋陽(みなみ)選手がミライモンスターに出演されます。この方、高梨沙羅選手と幼馴染なんですね。

以前大怪我をしたことがあるらしいです。

今回は高橋陽選手を紹介していきます。

スポンサードリンク

渡邉陽

  • 平成9年(1997年)9月5日生まれ 19歳
  • 北海道出身
  • 札幌日大高等学校卒
  • 東海大学在学中

 

笑顔が素敵な方です。

今後の活躍で、注目されること間違いなしですね。

経歴

  • 平成26年(2014年)第15回伊藤杯 2位
  • 平成27年(2015年)全国高等学校スキー大会優勝
  • 平成28年(2016年)ワールドカップ 31位

札幌日大高校時代に優勝しているのですが、この時に2位も札幌日大高校なんだとか。ワンツーフィニッシュですね。

ちなみにこの高校、昭和62年に開校した比較的新しい学校です。

私も中学時代に受験した思いで深い私立高校です。

スポンサードリンク

大怪我

渡邉陽選手は中学時代に右足の前十字靭帯を断裂するという大怪我をしました。

前十字靭帯とは、ひざの関節を直接つなげている靭帯の事で,

多くのスポーツ選手がこの靭帯を断裂させた場合、かなりの期間のリハビリを擁して、復帰どころが引退に追い込まれている選手もいるくらい、大変な危機だったようです。

ちなみに、切れた靭帯は手術でまたくっつけるのですが、

リハビリは周りの筋肉で補いながらですので、それは大変なんです。

(このあたりもミライモンスターでとりあげるでしょうね)

日常生活に復帰するためのものですので、また競技生活に復帰するのはかなり厳しいんです。

テレビ取材を受けた高校時代の渡邉選手

 

高梨沙羅選手の太鼓判を押されるような形で出演していた、高校時代の渡邉陽選手。

トレーニングの様子などを垣間見ることができましたが、真剣な表情も

非常に可愛いですね。

このトレーニングの様子を見ても、足元が揺れるような状態から、いかに体を

ぶれなくするために膝に負担がかかるのか、お分かりになりました?

膝の大怪我から復帰した渡邉陽選手のすごさが伝わってきます。

その執念、諦めない強い気持ちって物凄いんだな、復帰するための努力も

ハンパないというのもスゴイです。

スポンサードリンク

まとめ

スキージャンプは冬のスポーツですが、夏にも競技しているんです。

今後様々な大会で、渡邉陽選手が実績を挙げてくると思われます。

渡邉陽選手にこれから注目ですね!

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。