杉山三郎(SWITCHインタビュー)のテオティワカンとは?プロフィールについても

この記事は2分で読めます

SWITCHインタビューで杉山三郎さんという方が出演されます。

こんにちはノリスケです。

経歴を見ていると考古学者なんですが、元々考古学を志していた訳ではない

ようです。

スポンサードリンク

杉山三郎

  • 昭和27年(1952年)生まれ
  • 静岡県出身
  • 東京経済大学経済学部卒
  • 昭和53年(1978年)メキシコ国立人類学歴史学研究所入所
  • 昭和55年(1980年)テオティワカン大規模発掘調査を任される
  • 平成7年(1995年)アリゾナ州立大学人類学部博士課程修了 博士(人類学)授与
  • 平成11年(1999年)愛知県立大学助教授就任
  • 平成21年(2009年)愛知県立大学大学院 国際文化研究科 特任教授就任

書籍も出しているんですね

メキシコの遺跡発掘に人生をささげてきたようですね。

¥1,896とかなり読みごたえのありそうな本という

イメージがありますが、とてもわかりやすいと評判です。

元々考古学を志してはいなかった

番組では、平岳大さんが古代の謎に魅かれるということで

メキシコの遺跡調査で定説を覆す発見をして注目を集めた杉山三郎さんに

会いたいという趣旨でした。

一方の杉山三郎さんはというと、

元々考古学を志してはいなかったそうなんですね。

大学生に見た展覧会に感銘を受けて、現地へ飛んで

発掘の作業員として雇ってもらったところに端を発するんだとか。

しかも30代になってから考古学を本格的に学ぶというのは

人生を考古学に捧げるという事も意味していますよね。

テオティワカン

現在世界遺産にも指定されているテオティワカンは、メキシコの首都

メキシコシティの北東約50kmのところにあります。

 


これはスゴイです。

杉山三郎さんが魅せられるのもわかるような気がしました。

これを見て、現場に一度見に行ってみたいという衝動が沸き起こりました。

壮大です。

スポンサードリンク

まとめ

杉山三郎さんが人生をささげるまでに魅せられたメキシコの

テオティワカン。

壮大な遺跡はきっとロマンを掻き立てるようなものに違いなさそう

ですね。

皆さんはどう感じましたか?

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。