ドコモCMのししゃもって誰?バンドとプロフィールについても

この記事は2分で読めます

最近ドコモのCMで、綾野剛さんと堤真一さんのやり取りでSISHAMOが流行ってるというくだりで、魚のししゃもとの勘違いの話。

こんにちはノリスケです。

テレビをつけっぱなしでドコモのこのCMが流れてくると、ふと手が止まっちゃいまして、気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

SISHAMO

 

  • ギター、ボーカル 宮崎朝子
  • 平成6年(1994年)12月22日生まれ 22歳
  • ベース 松岡彩
  • 平成8年(1996年)1月31日生まれ 21歳
  • 平成26年(2014年)松本の脱退に伴い加入
  • ドラム 吉川美冴貴
  • 平成6年(1994年)11月26日生まれ 22歳
  • SHISHAMO Official Web Site
  • twitter
  • you tube

女性3人のバンドなんですね。もともと「柳葉魚」で結成したのですが、理由が読むと可愛いのに漢字だとカッコいいと理由だそうです。しかしながら…当時あまりししゃもはあまり好きでなかったとか。

本物のししゃも!?

ところが…本物のシシャモは脂がのって美味いんですよ!

安い方のししゃもの9割以上が似た魚で、本物のは世界でも北海道沿岸にしか生息していない希少種です。本物のは値段が違うから「ししゃもで?(この値段)」ってびっくりします。

(余談でした…)

経歴

  • 平成22年(2010年)川崎総合科学高等学校デザイン科に入学、軽音楽部に宮崎、松本がバンド結成
  • 同級生の吉川が加入「柳葉魚」を結成
  • 平成24年(2012年)第9回TEENS ROCK IN HITACHINAKA 優秀賞、ボーカル賞受賞(受賞曲 宿題が終わらない)
  • タワーレコード限定でオリジナルCDを発売、オリコンインディーズチャート7位に(約1000枚売れたそうです)
  • 平成25年(2013年)フルアルバム「卒業制作」を発表、全11公演のツアーを開催
  • 高校卒業後、フェイスミュージックエンタテイメントと契約
  • デビューアルバムSISHAMO発売
  • 平成26年(2014年)ワンマンツアー「彼女ができたバンドマンに恋する休日」開催
  • 松本脱退→松岡の加入
  • 平成27年(2015年)ミュージックステーション初主演
  • 平成28年(2016年)日本武道館単独ライブ「SISHAMO NO BUDOKAN」開催

音楽活動をしていくと中々稼げなくて断念してしまう多くのバンドがいる中で、高校生時代にタワーレコードでインディーズながらオリコン7位ってスゴイですよね。

認知度がなくても、こうして誰かが注目しているとどこかでチャンスがあれば売れるんですね。

彼女たちの歌は、恋が実らない歌詞の失恋ソング。

作詞の方法

作詞をするのはボーカルの宮崎朝子さん。

失恋ソングにこだわる理由はハッピーエンドを書いていても、感情移入がしにくいからだとか。

特にイラストを描きながら、作詞をするって頭の中のイメージが、絵に込められて、新鮮な気がしますね。

スポンサードリンク

まとめ

ドコモのCMから更に気になって調べてみると、面白い世界観に私も引きずり込まれた気がします。

CMが流れるたびに気になる歌。詩に込められた想いと曲に私も共感します。

今後のSISHAMOさんに注目ですね!

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。