白坂亜紀の若い頃の画像や現在は?店の場所や年収についても

この記事は4分で読めます

こんにちはノリスケです。

4月16日(月)NHKで放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」に

銀座で高級クラブを営むママである白坂亜紀さんが出演されます。

銀座のママが客の心を掴んで離さないおもてなしの技や魅力など密着されるようです。

それにしても…

ツイッターを調べてみたら、早稲田大学在学中に日本橋の老舗のクラブでママを務め、96年に銀座にて独立している人なんですよね。

経歴についても凄いのですが、経営している店舗やそこから年収も気になりますよね。

今回は白坂亜紀さんについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

白坂亜紀さん

 

今日は、同郷の亜紀ママにお時間いただきご相談に🙇‍♀️ クラブに和食屋にバーを経営されながら、講演会に執筆活動、志高い女性を応援する「銀座 なでしこ会」の運営。銀座料飲協会理事、故郷である大分県竹田市東京事務所所長、さらには銀座ミツバチプロジェクトの理事も務めてらっしゃいます😳🙌本当におやすみなく、朝から晩まで目まぐるしく活動されてらっしゃいます❣ かっこいい❣ お久しぶりの亜紀さんのふんわりした雰囲気に、すっかり癒され、パワーをいただきました💕 #白坂亜紀 さん#銀座 #穂の花 #クラブ稲葉 #バー66 #銀座なでしこ会 #三笠会館 #大分 #竹田 #同郷 #表参道ヒルズ #チャリティ #コンテスト #募集 #募集中 #着物美人 #ランウェイ

Revere Natsukoさん(@revere_natsuko)がシェアした投稿 –


美人ですね~。銀座なでしこ会の運営もされているんですね。

  • 白坂亜紀(しらさか あき)
  • 昭和41年(1965年)生まれ 51歳
  • 趣味 シャンソンを歌う 謡曲 三味線 他
  • スポーツ ゴルフ、テニス

白坂亜紀さんの生家は現在瀧廉太郎記念館だそうで…

見てびっくりこちらですね。

この家を見て只者ではないと感じます。
その通り、お父さんは元読売新聞通信部の記者を勤め、お母さんは珠算塾の経営をされていました。
さらにお兄さんは精神科医ということで、エリート一家なのは間違いないところです…

 

若いころの画像はある?

 

とっても美人ですね!

今とあまり変わらない感じなのが驚きです。

この画像はいつのものかは不明です。

若い頃から現在は?

昭和60年(1985年)早稲田大学に入学しています。

専攻が日本文学ですね。

2年後の1987年日本橋の老舗クラブでママを勤めます。

この頃女子大生ママに。

ちょうど、この直後にバブル経済に突入するころ。

波に乗ったんですね。

平成8年(1996年)には銀座5丁目、7丁目に「稲葉」という名前で2店舗開店します。

20代でクラブのママとなったことで、写真誌「フォーカス」「ダカーポ」フジテレビ「銀座女絵巻」等々で紹介されています。

こんな話を聞けば、以前武井咲さんが演じられた「黒革の手帳」を思い出しますね。

かなりのやり手ママとして当時話題になったんでしょうね。

平成15年(2003年)には「Bar66」を開店します。

こちらは早稲田の同級生がマスターで1966年生まれと18時から翌朝6時まで営業というところからだそうです。

その翌年、平成16年(2004年)には、「銀座きくち」を開店します。(現日本料理 穂の花)

この店は道場六三郎の一番弟子である菊池直美さんが料理長を務めるようで、またすごいことになっていそうです。

この頃から銀座にいながら、銀座について深くかかわっていくようになっていきます。

銀座料飲協会の理事になったり、

NHK「ふるさと一番」にも出演、銀座緑化を語りました。

実はその後、銀座ミツバチプロジェクトの理事にも。

きっと、銀座の取り巻く環境をこうした理事に就任することで、さらなる魅力の向上に努めようとしたんでしょうね。

銀座屋上で農作業などもしていますし。

その後、銀座社交料飲協会銀座緑化部長にも就任しています。

こういった活動から平成25年(2013年)には銀座なでしこ会も発足させ、銀座から日本文化を発信していますね。

 

スポンサードリンク

 

書籍の出版も

平成24年(2016年)には「銀座の秘密ーなぜこのクラブのママたちは、超一流であり続けるのか – すご腕女性10人の金言 」

も出版されています。

 

さらには…

 

 

 

書籍も2冊出版されて、さぞかし年収もスゴイいことになっていそうですね。

 

スポンサードリンク

 

現在の店舗や場所は?

現在4店舗経営している白坂亜紀さん。

店舗の場所や値段など見てましょう。

 

クラブ稲葉7丁目店

サイトはこちら→http://ginza-inaba.com/index.html

住所が銀座7丁目6―2
ですね。

気になる値段は…

結構高そうです…

値段設定が出てきませんでした。

でも…1本85,000円のボトルが運び込まれてくるような高級店であることは間違いないですね。

 

ラウンジ稲葉5丁目店

サイトはこちら→http://www.ginza-inaba.com/inaba5/index.html

住所が銀座5丁目5-4-15西五ビル

ですね。

気になる値段設定は

  • テーブルチャージ1人(70分) 5,000円 *ドリンク別途
  • 1人(30分) 2,500円
  • ドリンク 一杯 700円~  *飲み放題 2,500円
  • ボトル 12,000円~
  • フード 一品 500円~
  • カラオケ 無料

ともっと高いイメージでした。

え?って思うような値段設定です。

 

日本料理穂の花

サイトはこちら→http://www.ginzahonoka.com/

住所は銀座8丁目8-4-2

気になる値段設定は、

夜のコース料理だと10,000円以上ですが、ランチは1000円台のメニューがあり、

昼間にぜひ行ってみたいです。

Bar66

サイトはこちら→http://ginza-inaba.com/bar66/index.htm

住所は銀座7丁目6-7日欧ビル7階

 

  • テーブルチャージ \500
  • ワイン グラス \800~
  • ワイン ボトル \4,000~
  • 生ビール \800
  • カクテル各種 \800~
  • ウイスキー各種 \800~他
  • あやしい酒 時価

あやしい酒って何なのか気になりますね。

 

スポンサードリンク

 

気になる年収は?

ここまでの店を経営している白坂亜紀さんの年収は気になるところですよね。

一般的な銀座のママの月収は40万円~100万円と幅があるようです。

それでも年収ベースで計算してみると、約500万円弱から1200万円

と単純計算できますね。

白坂亜紀さんの場合、書籍や公演もしているので、

安く見積もっても数千万円

の世界と思われます。

 

まとめ

銀座で4店舗経営している白坂亜紀さん。

「プロフェッショナル 仕事の流儀」の放送では、

また新しい情報があるのかもしれませんね。

情報を入手次第追記しますね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。  

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。