小川泰平(犯罪ジャーナリスト)の学歴や経歴は?警官時代の階級も

この記事は2分で読めます

6月19日夜9時53分から放送の「好きか嫌いかいう時間」に犯罪ジャーナリストの小川泰平さんが出演されます。

こんにちはノリスケです。

小川泰平さんといえば、元神奈川県警の警察官で、退職後に犯罪ジャーナリストととして、よくテレビ出演されていますね。

今回は小川泰平さんの学歴や経歴、警察官時代の階級など調べてみました。

スポンサードリンク

 

小川泰平さん

  • 小川泰平 (おがわ たいへい)
  • 昭和36年(1961年)生まれ 56歳
  • 愛媛県松山市出身

学歴

調べてみたのですが、どこの高校か?また、大学には通ったのかという情報がありませんでした。

しかし、後述する経歴に、昭和55年に神奈川県警に入っている年齢が逆算すると19歳になる年のことから、学歴は高卒と推測できます。

そうなると、愛媛県内の松山市にある高校を卒業後に警察官になったみたいですね。

 

経歴は

昭和55年(1980年)神奈川県警、巡査に。

交番勤務を経て、

所轄署警ら係や、関東管区機動隊を経て刑事になっていますね。

刑事になってからは、

所轄署刑事課盗犯係、刑事部機動捜査隊に勤務しています。

刑事部機動捜査隊とは、重要事件の初動捜査の効率化を図り、犯罪発生の初期段階で犯人を検挙することを目的とした部署だそうです。

通常、捜査車両に2名1組で乗車し、警ら(パトロール)をしながら、重要事件発生時には現場に急行して初期捜査に当たるのが任務のようです。

この時にプロファイリングなどの手法を学んだのかも知れませんね。

平成21年12月(2009年)に退職しています。

 

 

スポンサードリンク

 

階級は?

警察に入り最初は巡査から始まります。

そのひとつ上が巡査部長。

わかりづらいので、マンガやドラマの登場人物から

  • 巡査  両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所)
  • 巡査部長 大原大次郎(こち亀)青島俊作【織田裕二】(踊る大捜査線)

この関係性からいうとなんとなくわかります?

巡査部長の上が

警部補 古畑任三郎

警部 銭形幸一(ルパン三世)

警視正 室井慎次【柳葉敏郎】(踊る大捜査線)

※その後室井慎次はその上の警視監に昇任しています。

警視長

警視総監

と続きます。

ちなみにキャリアと呼ばれる警察官は警部補からスタートします。

このキャリアとは、国家公務員試験1種という難関をクリアした人達です。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

小川泰平さんは、愛媛県内の高校を卒業後、

昭和55年(1980年)に神奈川県警に入り、刑事として勤務して、平成21年(2009年)に29年に及ぶ警察官勤務を終えて、47歳で退職されたんですね。

警察官を途中退職した理由はわかりませんが、その後の犯罪ジャーナリストとしてテレビ出演されていますので、こういった人生もアリかも知れませんね。

プロファイリングなどの手法で分かりやすく解説してくれますからね。

皆さんはどう感じましたか?

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。