小田玲奈プロデューサーのwikiや経歴は?結婚についても調べてみた

この記事は2分で読めます

1月2日(火)夜10:55放送の新春TV放談に小田玲奈さんが出演されます。

こんにちはノリスケです。

小田玲奈さんといえば、平成28年(2016年)7月からのドラマ「家売るオンナ」10月からのドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」でプロデュースを担当されていますね。

更には最近も「ウチの夫は仕事ができない」のプロデュースも担当していましたね。

お仕事ドラマを軸に面白いドラマばかりで、番組では何を話すのかが気になりますよね。

今回は小田玲奈プロデューサーのwikiや経歴、更に結婚しているのかについても調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

小田玲奈プロデューサーの経歴

 

  • 小田玲奈(おだ れいな)
  • 平成15年(2003年)日本テレビ網入社

最初から「ドラマをやりたい!」

でも最初に配属されたのは「ズームイン!!SUPER」でした。

5年間務めた後、次こそは!と再び「ドラマをやりたい!」と言ったら

製作局に異動、この時に今度こそ!

という想いがあった小田玲奈プロデューサー。

しかし…

バラエティ番組の担当でした。

でも「有吉ゼミ」で「坂上忍家を建てる」がのちの「家売るオンナ」に繋がっていきます。

様々な紆余曲折を経てドラマ制作に携わっていくことになるのですね。

 

スポンサードリンク

 

念願のドラマ制作へ

 

平成28年(2016年)「家売るオンナ」で初プロデュースを手掛けました。

 

Reina Odaさん(@reina.oda)がシェアした投稿

このドラマで北川景子さん演じる三軒家万智の「GO!!」はとっても印象に残っています。

このドラマをプロデュースするときに実際に不動産屋さんに行き取材を重ねていたそうです。そうしているうちになんと!

自分で家まで買ってしまったのだとか。

この時の「GO!!」には風がふわっと舞ってアップになるシーンでしたよね。

この風やタイミングなどかなり難しかったのだそうですね。

 

地味にスゴイ!校閲ガールもすごかった

 

河野悦子さん(@kounoetuko)がシェアした投稿


このドラマでは石原さとみさん演じた主人公悦子を自分自身に重ねていたそうです。

校閲という仕事と、自分自身のプロデューサーという仕事と似ている感が確かにありますよね。

そして、この2つのドラマに共通する特徴は、それぞれの仕事の得意分野で活躍されていることが非常に共感を得ましたね。

ドラマ終了後、

平成29年(2017年)エランドール賞(日本テレビプロデューサー協会主催)で

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」をプロデュースした小田玲奈さんが受賞していますね。

 

スポンサードリンク

 

結婚している?

実は念願の家売るオンナの取材の時に…

一緒に旦那さんと不動産屋さんに取材に行っていたとインタビュー記事で話されています。

子供がいるかどうかは未だ不明です。

 

まとめ

あまり情報がない方でwikiなどわからないことの方が多いのですが

新しい情報が入り次第追記したいと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。 [contact-form][contact-field label='名前' type='name' required='1'/][contact-field label='メールアドレス' type='email' required='1'/][contact-field label='ウェブサイト' type='url'/][contact-field label='メッセージ' type='textarea'/][/contact-form]

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。