西村歩乃果がかわいい!年齢やwikiインスタ画像が素敵過ぎる

この記事は4分で読めます

ラストアイドルに出演し、ラストチャンスにかけるも一度は敗れ、Love Cocchi(ラブ コッチ)というセカンドユニットのメンバーになった西村歩乃果さんがめちゃくちゃかわいくて気になりました。

こんにちはノリスケです。

もうすでにアイドルの常識を覆す存在になっています…(笑)

西村歩乃果さんはアイドルを夢見るも一度は断念し、ヘアメイクモデルとして仕事をしていたそうです。吉崎綾さんに挑戦するも敗退、しかしながら…

このたびLove Cocchi(ラブ コッチ)というセカンドユニットでつ、いにアイドルという夢が実現しました。

ラストアイドルに挑戦した方は多くが他のご当地アイドルとかの経験者が多い中、西村歩乃果さんはかわいいのに、そういった事とは無縁であったのが逆に貴重な存在だと思いました。

西村歩乃果さんのSNSは

  • ツイッターのフォロワー数が30,138人
  • インスタグラムのフォロワー数が16万4千人

既に各方面から注目されているということでしょうか?

今回は西村歩乃果さんについて調べてみました。

 

天使すぎる…

 

スポンサードリンク

 

西村歩乃果さんの年齢は?

天使すぎる笑顔に引き込まれてしまいますね…

以下wiki風プロフィール…

といったところですが、今のところウィキペディアもない、情報がないというのもあって、断片的な情報になっています。

(わかり次第追記しますね)

年齢は調べたところ、22歳でした。

しかしながら…誕生日はわかりませんでしたが、インスタにありましたよ!

 

日付が!投稿日は1月29日ですが、コメント欄に

my birthday💕💕💕 素敵な1/28でした(^^)

誕生日は1月28日だったんですね。

とっても素敵な笑顔で見つめていますね。

 

スポンサードリンク

 

西村歩乃果さんのwikiは?

以下プロフィールです。

  • 西村歩乃果(にしむら ほのか)
  • 平成7年(1995年)1月28日生まれ 22歳
  • 神奈川県横浜市出身
  • 横浜ビューティアート専門学校卒
  • 職業 ヘアメイク・モデル

職業がへメイクの関係ということもあって、 お父さんとの2ショットや

友達との画像もありました。

そんな中…

 

アシスタントランキング1位だったことも。

次のインスタ画像には正直、グッとくるものがありました。

店長さんからの手紙。
何か指導されてのことなんでしょうか。
仕事に対して真剣に、またインスタグラムに投稿するくらいの
強烈な出来事だったに違いありませんね。

涙があふれてくるくらいきっと悔しい思いのしたのでしょうね。

ヘアメイクの業界というのはよくわからないのですが、アシスタントとは見習い期間ともいえて精神面や金銭面共に厳しさを味わうことも多いようですね。

ちょっと調べてみたのですが、ヘアメイクアシスタントはメイク道具の準備や関係者への挨拶、現場撤収の際の片付けなど雑務も多いと聞きます。

 

TikTokでブレイク

西村歩乃果さんはTik Tokという音楽動画コミュニティでブレイクしたんです。

これで見てもわかる通りとってもかわいいんですよね。

1分58秒頃からメイクとヘアメイクを自分で実施しているんですよね。

実力はいかほど?

そして4分6秒頃には0秒チキンラーメンをしていました。

本家に勝るとも劣らないかわいい姿でしたね~。

 

スポンサードリンク

 

インスタの画像が素敵すぎる

もうすでに何枚かインスタの画像が素敵すぎるのを見ていただきましたが、

こちらも堪能していただきたいと思います。

美脚ですよね~。

そして次の画像は思わず目がハートになってしまいました。

すっごい美人ですよね~。
とっても浴衣が似合っています。
お母さんとの写真もあって、とっても素敵な家族なんだな
って思いました。
ハッシュタグに大和撫子ってありました。
まさにその通り!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

西村歩乃果さんのインスタが素敵過ぎてもうすでにトップアイドルのような感じですね。

今後どんどん露出してきて有名になるのは間違いないでしょうから今から要チェックですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】

Love Cocchi(ラブコッチ)のメンバーがかわいい!wikiも調べてみた

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。  

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。