村治佳織の現在は?病気(舌腫瘍)療養中の結婚と旦那についても

この記事は3分で読めます

土曜日の朝は、コーヒーを飲みながらゆっくり、「サワコの朝」をみて過ごすのが至福の時です。

こんにちはノリスケです。

8月5日(土)放送のサワコの朝で、ギタリストの村治佳織さんが出演されます。

村治佳織さんといえば、美人ギタリストですよね。

 

気になって調べてみると、舌腫瘍の病気で長期療養をしていたり、療養中に結婚をされていたりとありました。

今回は病気療養をされていたエピソードや、結婚の馴れ初め、旦那さんについて紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

村治佳織

3歳の頃からお父さん(村治昇)からギターの手ほどきを受けていた村治佳織さん。

10歳からギタリストの福田進一から教わりました。

15歳でCDデビューを果たします。

経歴

  • 平成元年(1989年)ジュニア・ギターコンクールで最優秀賞を受賞
  • 平成3年(1991年)学生ギターコンクールで最優秀賞受賞
  • 平成4年(1992年)ブローウェル国際ギターコンクール、東京国際ギターコンクールで優勝
  • 平成5年(1993年)デビュー 「エスプレッシーヴォ」をリリース
  • 平成6年(1994年)日本フィルハーモニー交響楽団と共演
  • 平成7年(1995年)第5回出光音楽賞を最年少で受賞
  • 平成8年(1996年)村松賞受賞。

こうしてみてみるといろんな賞を受賞して輝かしい実績のある方なんですね。

その後スペインへ留学、イギリス名門レコード会社と日本人初の長期契約などをして順風満帆な人生だった村治佳織さんでしたが…

 

スポンサードリンク

 

病気との闘い

平成17年(2005年)10月右手後骨間神経麻痺(橈骨神経麻痺)により演奏活動を休止し、治療、静養をせざるを得ない状況になりました。

しかしその3か月後翌平成18年(2006年)復帰、

フランスナント音楽祭に参加、4月にはアメリカツアーを行いアメリカデビューも果たしています。

平成20年(2008年)にはホテルオークラ音楽賞を受賞して完全復活したかに見えたのでしたが、

平成23年(2011年)再び右手後骨間神経麻痺(橈骨神経麻痺)により活動を休止します。

そして翌年の2月にまた復帰。

平成25年(2013年)には舌腫瘍に罹っていることを発表、治療のために長期休養に入ります。

 

舌腫瘍とは

よく男性になりやすい病気で「舌癌(がん)」ともいうそうですね。

村治佳織さんはタバコが好きでヘビースモーカーでもあり、そしてお酒もこよなく愛する方のため病気になった要因とも考えられています。

更に、不規則な生活や、口腔内が乾燥していてもなりやすいのだとか。

 

結婚、旦那さんは?

平成26年(2014年)7月24日、オフィシャルサイトにて以前より交際していた一般男性と結婚したことを発表します。

色々と調べてみたのですが、旦那さんに関する情報はありませんでした。

一方村治佳織さんのように、海外を飛び回る生活をしている人を支えられるには、縁の下の力持ち的な存在でないと結婚生活は成り立たないのかも知れませんね。

特に、舌腫瘍の病気療養中に結婚されていますので、この点もスゴイです。

村治佳織さんの全てを受け止める度量というか懐の深さ、また器の大きさというのも感じます。

全てを包み込んで受け止められる素敵な男性ですね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

現在は復帰されていますので、病気を克服されているようです。

 

吉永小百合さんとの2ショットを発見しました。

番組内で吉永小百合さんとのお話も聞けそうですね。

今後の村治佳織さんの活躍に注目ですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。