桃田賢斗の中学や高校はどこ?実績がすごすぎ!wiki情報をリサーチ

この記事は2分で読めます

こんにちはノリスケです。

賭博行為で無期限出場停止だった桃田賢斗選手が先日行われたアジア選手権で優勝!

復活をアピールしました。

ここまで来るのにホント辛い時期を乗り越えてここまで来たのだと思います。

ところで…

桃田賢斗選手は、愛媛県出身なのですが、中学や高校は福島県なんですよね。

今回は、桃田賢斗選手の中学や高校などwiki情報をリサーチしてみました。

【関連記事】桃田賢斗選手の現在についての記事も書いています。内容的にかぶる部分があるため別記事にしています。

よろしければ、最後までご覧になってくださいね。

 

スポンサードリンク

 

桃田賢斗選手

 

yu_uy_kさん(@yu_uy_k81)がシェアした投稿

やりましたね!
決勝の相手はリオデジャネイロオリンピック金メダリストのチェンロン選手にストレート勝ちですからね。
今後に期待されますよね。

それではまずはプロフィールから。

プロフィール

  • 桃田賢斗(ももた けんと)
  • 平成6年(1994年)9月1日生まれ 23歳
  • 香川県三富郡三野町(現三豊市出身)
  • 175cm
  • A型

 

中学はどこ?

調べてみると…

愛媛県出身の桃田賢斗選手は福島県に越境しているんですよね。

富岡町立富岡第一中学校なんですね。

この中学校はバドミントンの強豪校として知られています。

こうした実績もあり、選んだのでしょうね。

中学校3年生の平成21年(2009年)には全国中学校バドミントン大会で優勝。

全日本ジュニア選手権でもベスト4に入りました。

 

スポンサードリンク

 

高校はどこ?

 

調べてみると…

福島県立富岡高等学校でした。

Jヴィレッジ内に設置されたJFAアカデミー福島と連携した教育を行う高校で、平成18年(2006年)に設置学科の改編が実施され、普通科を廃止し、スポーツ科等の学科設置等を行いました。

サッカーやバドミントンでは顕著な成績を収めていますね。

桃田賢斗選手が在籍していたころ…

東日本大震災の影響により、原発の警戒区域になっていたため、避難生活を余儀なくされました。

この当時、福島県内の福島北高校・光南高校・猪苗代高校・磐城桜が丘高校及び静岡県の三島長陵高校にサテライト校に通っていたものと思われます。

さて、桃田賢斗選手は平成23年(2011年)高校1年生の時に

台湾で行われたジュニアの世界選手権では3位、銅メダルを獲得しています。

さらに平成24年(2012年)にはアジアユース選手権では金メダルを獲得しています。

この年はインターハイでも全国優勝、

世界ジュニア選手権では団体戦で銀メダル、

男子シングルでは日本勢では初めての優勝を果たし

ジュニア世界一にも

高校時代はこうして実績を積み、世界ランキングは50位にまで浮上しています。

中学、高校時代からこうして世界で戦っていた桃田賢斗選手は

卒業後、NTT東日本へ入社することになります。

 

スポンサードリンク

 

続く…

この後関連記事に続きます。

http://star-children.com/iiiuminate/momotakento

よろしかったらこちらもご覧ください。

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。  

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。