三原舞依(四大陸選手権)って誰?プロフィールや病気,高校についても

この記事は2分で読めます

昼間は暖かくなり、いよいよ春の兆しが見えてきたそんな日が続いていますね。こんにちはノリスケです。

現在フィギュアスケートの四大陸選手権が始まり、笑顔の三原舞依選手が気になって調べてみると、色々なことがわかりましたので紹介していきます。

スポンサードリンク

三原舞依選手

  •  平成11年(1999年)8月22日生まれ 17歳
  • 神戸市出身
  • 身長 154cm
  • A型
  • 神戸ポートアイFSC所属
  • 神戸市立飛松中学校卒
  • 兵庫県立芦屋高等学校在学中

経歴

  • 平成25年(2012-13シーズン)全日本ノービス選手権3位
  •                   全日本ジュニア選手権8位
  • 平成26年(2013-14シーズン)アジアフィギュア杯ジュニアクラス2位
  •                   全日本ジュニア選手権2位
  • 平成27年(2014-15シーズン)JPGリュブリャナ杯6位
  •                   全日本ジュニア選手権7位
  •                   ガルデナスプリング杯優勝
  • 平成28年(2015-16シーズン)アジアフィギュア杯シニアクラス優勝

三原舞依選手と病気

昨年平成28年(2016年)若年性特発性関節炎(若年性リウマチ)で入院しました。若年とは若いという意味ですが、その中で「小児」を意味し、特発性とは「原因不明」を意味する医学用語だそうです。

症状としては、慢性的な関節の炎症で適切な治療を受けないと関節破壊が進行、関節の機能が果たせなくなるそうです。

そうなると、選手生命すら脅かされるのですが克服しての現在。

笑顔の裏にはこうした病気を克服しての見事な復活なんですね。

四大陸選手権

ショートプログラムを終えた女子は

  1. ガブリエル・デールマン 68.25
  2. ケイトリン・オズモンド 68.21
  3. エリザベト・トゥルンシンバエワ 66.87
  4. 三原舞依        66.87

上位陣が混戦ですね。三原舞依選手にも十分優勝があり得る点差なんですね。

スポンサードリンク

まとめ

見事難病を克服しての四大陸選手権出場の三原舞依選手。きっとスゴイ負けず嫌いで人一倍練習を積み重ねてきたのかと思います。

是非フリーでも素晴らしい演技を披露して優勝を目指してほしいですね。

今後の三原舞依選手に注目ですね。

 

 

 

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。