松坂大輔が引退?移籍先はある?自由契約後の年俸なども気になる!

この記事は3分で読めます

ソフトバンクとの3年契約を満了となり、今季限りで退団することになった

松坂大輔選手。

既に37歳となり、ケガが続いたことにより引退か?

と思っていたら、なんと現役続行の意志なんですね。

ここまで年俸3年、12億円という大型契約も1軍登板は

昨年10月の楽天戦のみという結果でした。

それでも球団側の厚意もあったというのですね。

支配下登録選手を外れた上でコーチをしつつ復帰を打診したものの辞退したんですね。

いずれにしても現役続行の強い意志で移籍先を探すのでしょうね。

今回は松坂大輔選手の移籍先と引退の可能性についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

松坂大輔選手の移籍先の候補は?

米球界にコネクションがあり、来春のメジャーキャンプに招待選手として参加することは可能だろう。

家族も米国に滞在しており、この3年間のような単身赴任となることもない。

たとえ、メジャーリーグがダメでも、米国には独立リーグも多数存在している。

では松坂はどんな思いで退団を決断するに至ったのか。

条件面で折り合わなかったことが要因であることは間違いないが、きっかけは昨年11月に参戦したプエルトリコのウインターリーグでの経験だったのかもしれない。

【Yahoo!ニュースより出典】

この独立リーグやプエルトリコのウインターリーグってどんなリーグなのか気になりますね!

 

 

独立リーグ移籍の可能性

独立リーグはどんなところなのか調べてみました。

 

アトランティックリーグ

1998年に設立、リーグ戦を行っています。

現在は8チーム制になり、リバティディビジョンとフリーダムディビジョンの

2つの地区に分かれています。

ちなみに…

このリーグはメジャーリーグでの経験がある選手が多くて高いレベルにあるそうですね。

日本人も名を連ねていて、坪井選手、渡辺俊選手、大家選手、梶本選手がプレーしていました。

ここのリーグの可能性が高いような気がします。

 

フロンティアリーグ

アメリカ中西部と東海岸の14球団が所属している北米独立リーグですね。

ロスターの大半を23~27歳の選手にしなければならないルールが存在

しています。

特にドラフトに漏れた選手を発掘するためスカウトはよくこのリーグにきているそうです。

若い人向けなんですね。

 

アメリカンアソシエーション

2005年に設立されました。ノーザンリーグやセントラルベースボールリーグを脱退したチームで構成されています。

現在北地区4チーム

中地区5チーム

南地区4チーム

13チームなんですね。

 

カナディアン・アメリカン・リーグ

アメリカとカナダにまたがる北米独立リーグなんですね。

6チームでアメリカ、カナダ共に3チームづつですね。

 

その他の独立リーグ

  • ユナイテッドリーグ・ベースボール
  • ペコス・リーグ
  • パシフィック・アソシエーション

この3つの独立リーグは2011年以降に始まった新しいリーグで

給料水準が低いというのが特徴で、当然タレントレベルは低いといえそうです。

このリーグの可能性は低そうですね。

 

スポンサードリンク

 

ウインターリーグ

主に11月から2月にかけて行われるリーグ戦で昨年松坂大輔選手が参加しましたね。このリーグはそれぞれの国のプロ選手のみならず、オフシーズンを利用して調整のためにす出場することも多いのだとか。

ここで活躍してメジャーに昇格した選手も過去にはいたのだそうですね。

各国リーグの優勝チームはシーズン終盤の

カリビアンシリーズで統一チャンピオンをかけて争います。

この中に若干名が補強選手としてレンタル入団する形式もあり、4チームの2回総当たり方式で戦うんですね。

福岡ソフトバンクホークスはプエルトリコへ若手投手を派遣している実績があります。

逆にここで活躍することによって注目され移籍、入団するケースもあり

トニブランコ(中日→DENA)

ウィルソン・オビスポ(巨人→日本ハム)

などがその例ですね。

 

引退の可能性は?

今のところ日本での獲得の可能性が少ないと言われています。

年齢を重ねても桑田真澄さんのように40歳でメジャーに挑戦するという可能性

もありそうですね。

それも数少ない残されたチャンスがあるのかどうかでしょうか。

 

自由契約後の年俸は?

どこに行っても億単位どころか数千万円も危ういような気がしますが

どうなんでしょうか?

来年からの税金がとても重くのしかかりそうな…

年俸が下がると翌年の税金が払えなくて大変だというのを聞いたことがあります。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

11月4日現在、現役続行を求めて模索し続けている松坂大輔選手。

今後の動向に注目ですね。

新しい情報が入り次第どんどん追記していきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。