松本圭佑(ボクサー)のインターハイや戦績は?父親や高校,髪の毛の病気も!

この記事は3分で読めます

9月3日(日)放送のミライモンスターにボクシングの松本圭佑選手が出演されます。現在高校3年生で中学時代は無敗の絶対王者だったとか。

こんにちはノリスケです。

 


おお八重樫東選手と映っているのが松本圭佑選手。
お父さんが大橋ジムのトレーナーなんだそうです。
その関係で出入りしているんですね。

こういう環境で育った松本圭佑選手のインターハイの戦績は?

また父親や高校、髪の毛の病気についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

松本圭佑選手

  • 松本圭佑(まつもと けいすけ)
  • 平成11年(1999年)7月17日生まれ 18歳
  • 横浜市出身
  • 172㎝
  • 横浜市立みなと総合高校在学中
  • @keisuke0717box2  (twitter)

幼稚園の頃からボクシングに触れていた松本圭佑選手。

ところが当時はボクシングが嫌いだったようです。

その後、小学校入学の頃から足が速かったという松本圭佑選手。

毎年リレーの選手に選ばれていたそうです。

ところが…

小学校3年生の頃にはリレーに選ばれないという屈辱からボクシングを始めたんだとか。

でも最初は夏休みだけという期限付きで始めたのでしたが、次第にボクシングの魅力に取りつかれていくこととなります。

なにしろ、お父さんはOPBF東洋太平洋フェザー級チャンピオン。

おじいさんもボクサーだったんだとか。

3代続くボクシング一家なんですね!

 

戦績は?

小学校5年生の頃、U-15で優勝します。

U-15?

15歳以下の部で小学校5年生ながら優勝してました。

とんでもない怪物の片鱗が…

中学生のもいる中での優勝ですよ。

その後、前人未到の5連覇を成し遂げます…

中学時代は敵なしだったんですね。

高校入学後、

平成27年度全国高校選抜大会で優勝を成し遂げます。

ところが…

インターハイでは2位、国体でも2位でした。

そしてその翌年…

インターハイではまたしても準優勝でした。

平成28年度全国高等学校選抜大会では優勝するも…

インターハイではまたしても準優勝でした。

そして今年のインターハイ!

そして結果は…

準優勝でした。

ずっと2位というのはホント悔しいと思うのですが、きっと自分自身で逆境を打破出来ると思います。

頑張れ松本圭佑選手!!!

 

スポンサードリンク

 

父親は?

父親は松本好二さん。(リングネーム)

  • 松本弘司(まつもとこうじさん 本名)
  • 横浜高校卒
  • 専修大学(一年で中退)

現役時代、ヨネクラジムに所属していたお父さんの松本弘司サンは現在、大橋ボクシングジムに移籍します。

アマチュア時代の成績です。

37勝6敗という戦績でした。素晴らしいですね。

その後ヨネクラジムに入り、プロボクサーへ転身。

その時には、

平成3年(1991年)には日本フェザー級チャンピオンに。

平成8年(1996年)にはOPBF東洋太平洋フェザー級チャンピオンになった実力者だったんですね。

平成11年(1998年)引退。

引退後は大橋時ジムのトレーナーに転身します。

 

髪の毛の病気について

小学校時代に脱毛症に悩んでいた松本圭佑選手。

中学校時代には改善され、現在ではその名残でたまにバンダナを巻いていたりします。

 

昨年の松本圭佑選手の様子。

となりにいるのはフィリピンの英雄、マニーパッキャオさん。
ライトフライ級でデビュー以来、スーパーウエルター級まで6階級を制覇したレジェンドでした…
凄すぎです…

 

スポンサードリンク

 

まとめ

現在高校3年生の松本圭佑選手。

高校卒業後はプロボクサーへ転身?

それとも東京五輪に向けてまだアマチュアでキャリアを磨いていくのでしょうか?

今後の松本圭佑選手に注目ですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。