桑田佳祐の紅白2017の順番や出演時間はいつ?年越しライブがネックに?

この記事は3分で読めます

第68回紅白歌合戦に向けて、いよいよ最終局面になってきましたね。

安室奈美恵さんに続き、なんと桑田佳祐さんも出演が決まりました。

企画枠で特別出演なんだとか。

こんにちはノリスケです。

 

そうなると安室奈美恵さんとの目玉共演も?
今年の紅白はスゴイことになりそうですね。

そうなると、桑田佳祐さんは毎年年越しライブをしているのですが、出演の時間帯はいつになるのか?

気になるところですよね。

【追記】12月23日


順番が発表になりましたね。
しかしながら…
特別出演の桑田佳祐さんと安室奈美恵さんは未だわからず…
今回は桑田佳祐さんが出演する時間帯を予想してみました。

 

スポンサードリンク

 

どのような形で出演?

特別枠との事で、朝ドラの「ひよっこ」での特別枠での出演になるようです。

曲はひよっこの主題歌「若い広場」を唄うのですが…

 


こんな感じになるのでしょうか?
司会を務める2人が奇しくもこんな形でインスタグラムに載っていたとは…

 

中継での出演に?

年越しライブを控えている中ですのでやはり横浜アリーナから中継になるようですね。

かつてサザンと紅白は因縁の場となっていたようで、

昭和57年(1982年)に出演したときは、「チャコの海岸物語」を演歌調で唄い始めるも、間奏の時に「とにかく受信料は払いましょう」

「裏番組はビデオで見ましょう」と大放言。視聴者から大ブーイングを受け、

NHKから詫び状を要求する事態にまで発展したことも。

平成27年(2015年)にはチョビ髭で出演したときには、パフォーマンスが安倍首相批判ではないかとも言われました。

曲の「若い広場」についても、NHKの上田良一会長が「意味不明なところがある」と発言して物議を醸したこともありました。

今回も何かある?

 

伝説を残しそうですね。

 

スポンサードリンク

 

紅白出場の順番は?

未だ発表されていない紅白出演のタイムテーブル。

年越しライブは午後9時半から横浜アリーナで全国ツアーの最終公演となる年越しライブを開催しており、ステージとNHKホールをつなぐ予定ですね。

ただ大きなネックなりそうなのが、年越しライブとの時間帯の調整なんだとか。

年越しライブの時間帯は秒単位できっちり進行しているのですが、紅白は時間が押すこともあり、そんな時に過去出演したときにも数秒の遅れでしたが、演出上のタラブルも起きていますね。

そんなことを考えると、今まで出演を辞退していたのはわかるような気もしますね。

 

出演時間大胆予想

矢島良チーフプロデューサーは、11月の出場歌手発表会見で

「結論が出るまで粘り強く交渉していく」と話していたが、

幹部がそろって11月の東京ドーム公演に足を運ぶなど熱意が実った形だ。安室同様、特別枠での出演が濃厚で、

同局関係者は「安室さんと並ぶ目玉のアーティストの一人。番組後半のクライマックスでの出演になりそうです」。演出面での調整が整った段階で近く正式発表される。

【スポーツ報知より出典】

これを受けて出演時間の大胆予想をしてみました。

すでに安室奈美恵さんの場合は20分の特別枠があり、大トリの予想がされています。

しかもこちらも中継なんだとか。

関係者によると、安室は会場のNHKホール(東京・渋谷)ではなく別の場所から生中継で2、3曲をメドレーで披露する予定。13年の北島三郎(81)以来となる、紅・白組の勝負を超越した究極の大トリが検討されている。

一方で「大トリが中継出演では出場歌手に示しがつかない」との指摘もあり、出番は「嵐」が有力視される大トリの前になる可能性もあるという。

【Yahoo!ニュースより出典】

 

そうなると、嵐のメドレーが

大トリはゆずの栄光の架橋に決まりました。

その前に安室奈美恵さんの特別枠20分。

桑田佳祐さんはその前という時間帯になりそう?

ということは22:00以降、23:00前の時間帯なんでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

まとめ

桑田佳祐さんの紅白出演が決まり、いよいよ年末に向けて走り出した感がありますね。

詳しい情報があり次第追記したいと思います。

【関連記事】

安室奈美恵の紅白2017の順番や歌う曲は?出演の時間帯についても

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。