熊谷紗希(なでしこ)が可愛い!実績やプロフィールについても

この記事は2分で読めます

なでしこジャパンで新主将になった熊谷紗希選手。実はワールドカップで

優勝したとき、PK戦で4人目に蹴って試合を決めたのが熊谷紗希選手

なんですよね。

こんにちはノリスケです。

新体制となったなでしこジャパンで要となる選手が熊谷紗希選手。

今回は熊谷紗希選手について紹介していきます。

 

スポンサードリンク

熊谷紗希選手

  • 熊谷紗希(くまがい さき)
  • 平成2年(1990年)10月17日生まれ 26歳
  • 北海道札幌市出身
  • 171cm 59kg
  • KUMA’S BLOG

生まれは札幌なんですね。なんといっても171cm

の長身でディフェンダー、まさに壁となって

なでしこジャパンの最終ラインを守るんですね。

経歴

  • 札幌市立真駒内中学校卒
  • 常盤木学園高校入学(宮城県仙台市)
  • 平成19年(2007年)1年からレギュラーをつかむ
  • 平成20年(2008年)代表初選出
  • 平成21年(2009年)主将として全日本女子ユース3連覇達成
  • 浦和レッドダイヤモンズ・レディース加入 ボランチとして全試合出場
  • 平成21年(2009年)U20ワールドカップ出場

熊谷紗希選手は勉学にも秀でているようで、常盤木学園高校時代、

首席で入学して成績上位者の特別クラスにいたとか。

「サッカーをしてなければ東大に行っていた」とは

恩師の安倍監督の証言です。

スポンサードリンク

ワールドカップ優勝

平成23年(2011年)の女子ワールドカップでは

センターバックとして、全試合フル出場を果たした熊谷紗希選手。

アメリカとの決勝戦、得点を決めた澤穂希選手と共に、PK戦

4人目のキッカーとして優勝を決めました。

この時は凄かったですよね。

東日本大震災という未曽有の大災害の直後の明るい話題に

感動したものです。

海外クラブへ移籍

サッカー選手で海外移籍を果たし、ずっとレギュラーで出続ける

事の難しさは、相当なものだと思います。

熊谷紗希選手は、平成23年(2011年)、

ドイツのフランクフルトへ移籍(2011~2013)

その後フランスのリヨンへ移籍しました。

世界最優秀選手へ

昨年5月、ついに女子チャンピオンズリーグ決勝でMVP

欧州女王に輝きました!

 

クリスティアーノ・ロナウド(レアルマドリード)や、ネイマール、メッシ

と肩を並べるほどというと凄さがわかりますよね。

しかも…

欧州最優秀選手にノミネートされました。

世界のトッププレイヤーですね。

欧州最優秀選手に選出という日が来る日も近い!?

スポンサードリンク

まとめ

遠いヨーロッパで活躍されている熊谷紗希選手。

なでしこジャパンの主将として、2019年の

女子ワールドカップへ期待が膨らみます。

その時には中心選手として、活躍されるのは当然として

再び日本のワールドカップ優勝へ立役者となる人材

ですよね。

今後の熊谷紗希選手に注目ですね!

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。