今江年晶の嫁(幸子)がスゴイと話題に!改名にも関わっている?

この記事は2分で読めます

いよいよプロ野球が開幕し、わが楽天は開幕3連勝を飾り勢いに乗りました。

これが春の珍事なのか、実力なのかはシーズン中盤になってこないとわかりませんね。

こんにちはノリスケです。

今江年晶選手は今シーズンに入って、絶好調!

しかしながら4月7日になって登録を抹消されてしまいました。

昨年には改名し、「敏晃」から「年晶」に変わったばかり。

その上での打撃好調だったので、「これは!」

と思ったのでしたが…

好調のその裏に奥さんの存在があると思い調べてみました。

スポンサードリンク

今江年晶選手

  • 今江敏晃→今江年晶(いまえ としあき)
  • 昭和58年(1983年)8月26日生まれ 33歳
  • 京都府向日市出身
  • 180cm 89kg
  • 三塁手
  • PL学園高校卒
  • 千葉ロッテマリーンズ(2001年ドラフト3位)
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス所属
  • 公式サイト 今江主義

年俸2億円という高額選手、ロッテから移籍して2年目ですね。

昨年あまり振るわなかったため、今年こそはという意気込みで

スタートダッシュに成功しました。

今江幸子さん

 

10歳年上の方なんですね。姉さん女房ですね。

というと…

年晶さんが昭和58年(1983年)生まれですので、

奥さんは、昭和48年(1973年)ころと推測できますね。

ちなみに誕生日は2月22日生まれです!

気になる馴れ初めは…

とあるパーティの席で今江年晶選手が猛アタックして交際に発展したそうですね。

その当時の今江選手はプロ1年目の若手選手。

対する幸子さんは30歳。

そこから愛を深めて平成16年(2004年)に結婚しています。

その中で、今江選手に幸子さんは

もし万が一、野球で成功できなくても全然平気よ。

あなた、まだ20歳そこそこじゃない。その時はその時。

野球をクビになっても私が何とかするから

を言い続けてプレッシャーを与えないようにしていたとか。

凄いエピソードですね。

結婚してから好き嫌いが多かった今江選手の食事の管理も徹底したそうです。

このあたりに、今江選手が言う恐妻家と、奥さんの本当の愛情に

差があると感じるのは私だけ…なんでしょうか?

気になるのは恐妻家という話

しかし気になるのが、恐妻家という話もネット上でささやかれていますね。

ネタでしょうけど

「デッドボールより嫁の蹴りの方が怖い」

というエピソードも。

食事など徹底した管理に今江選手自身が「怖い」と

感じるときもあったのでしょうか?

でも…

それは今江選手を想っての深い愛情なんですよね。

陰でロッテの中心選手にまで育ててくれたのですから。

スポンサードリンク

まとめ

今江選手が敏晃から年晶に変わった理由などは、明らかには

なりませんでした。というよりよくわかりませんでした。

姓名判断で調べると、「敏晃」ではあまり良くなかったのですが、

「年晶」に代わると、大器晩成型となっていました。

改名の中にはきっと奥さんの存在が抜きにしては語れない何かが

あったと思うのですが、真相はお2人にしかわからないのかも

知れませんね。

 

 

 

 

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。