飯島望未(バレエ)のwikiを調査!インスタや年齢,身長,実家についても

この記事は4分で読めます

こんにちはノリスケです。
5月1日、フジテレビで放送のセブンルールにバレエダンサーの飯島望未さんが出演されます。
飯島望未さんは主に海外で活躍するバレエダンサーで、

アメリカの5大バレエ団の1つであるヒューストン・バレエに所属。

このバレエ団で飯島望未さんは最上位のプリンシパルに次ぐファーストソリストとしてソロも任せられていますね。

今回は飯島望さんのwiki情報を調べてみました。

インスタグラムを見ると…フォロワー数が24,868人と人気のある方ですね。

シャネルやVOGUEも注目しているのだとか

シャネルの新作ウォッチアンバサダーも務めているんですね。

 

スポンサードリンク

 

飯島望未さん

 

I like this snap. #StreetSnap #Tokyo #Omotesando #バレエダンサーの私服

Nozomi iijimaさん(@nozo0806)がシェアした投稿 –

顔が小さいですね…
モデルさんみたいです。
9頭身近くありそうですね。
以下プロフィールをまとめてみました。

プロフィール

  • 飯島望未
  • 平成3年(1991年)生まれ 26歳
  • 大阪府出身

8月生まれの飯島望未さん、今年27歳になるんですね。

身長は?

調べてみると…

163cmであることがわかりました。

ローザンヌコンクールに参加されたバレエダンサーの平均が163cmでした。

もっと高そうな感じがしましたが、インスタ映えなんでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

経歴

6歳の時、姿勢矯正のため母に連れられたのがキッカケだったのだとか。

ここで飯島望未さんの負けず嫌いが早くも開花します。

そこそこ勉強でも何でもできたのに、バレエだけはできなかったのだとか。

さらに…教室で仲の良かった3人の子と切磋琢磨していった中でお互いを高めていったそうです。

そしてみんな負けず嫌い…

そのおかげでものすごく上達したのかも。

13歳の時にニューヨークで行われた「ユース・アメリカ・グランプリ」で3位に入賞しています。

中学卒業後、15歳で単身渡米し翌年ヒューストン・バレエ団と当時最年少でプロ契約を結んでいます。

これまたスゴイことですね!
クラシック作品だけでなくコンテンポラリー作品でも高い評価を受けています。

平成25年(2013年)にはアメリカのダンスマガジンで

「今観るべき25人のダンサー」にも。

スイスのチューリッヒ・バレエ団を経て、

現在はヒューストン・バレエ団にファースト・ソリストとして所属していますね。

抜群の私服センスがインスタグラムで人気となっています。

現在は8月からは、スイスのチューリッヒ・バレエ団に所属することが決まっていますね。

 

VOUGEにも

 

バレエダンサーとしても、またモデルとしても活躍されているんですね!

 

シャネルとダンスのコラボ

型にとらわれないダンス表現への追求ということで飯島望未さんが出演されています。

『Five Paradoxes』, presented by CHANEL and i-D

私は芸術の世界はよくわかりませんが、バレエを生かして自由に踊っている感がまたイイですね。

 

実家がお金持ち?

バレエをしている人の家は裕福な家庭と思われがちです。

調べてみると…

詳細がないため「金持ちに違いない」

という推測が多かったですね。

それもそのはず、4人兄妹ですからね。

じっさいの

バレエダンサーになるためにお金がかなりかかるということで具体的な金額を調べてみると…

  • レッスン代 月20,000円前後
  • シューズ代
  • レオタード代

特にシューズなどは、消耗の度合いが激しい上に

成長していくうちにどんどんサイズが変わっていきますね。

さらにシューズ選びでは足にフィットしたものでないとダメなんだとか。

月に4〜5足履き潰す人も。

結構かかりますね〜。

 

お兄さんはブレイクダンサーとして活躍されているそうです。

 

まとめ

 

飯島望未さんはバレエダンサーとしただけでなく、

モデルとしても活躍されているんですね!

今後の飯島望未さんに注目ですね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございます!

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ノリスケです

    40代のしがないサラリーマンです。 タイ子とイクラの3人家族です。 日々の気になる出来事に一隅を照らしていきます。 「一隅を照らす」とは 自らの置かれた立場を受け入れて、 その中で頑張っていつか花を咲かせよう そういう思いから立ち上げました。 [contact-form][contact-field label='名前' type='name' required='1'/][contact-field label='メールアドレス' type='email' required='1'/][contact-field label='ウェブサイト' type='url'/][contact-field label='メッセージ' type='textarea'/][/contact-form]

    おすすめ記事

    登録されている記事はございません。