本田圭佑の移籍先はどこに?契約金や年収についても調べてみた

この記事は3分で読めます

本田圭佑選手が、6月30日に、契約満了のためイタリアの名門ACミランを退団しました。

こんにちはノリスケです。

しのぎを削るプロサッカー界で無所属になるという大変なことが起きましたね。

現在までのところ、Yahoo!ニュースでは移籍に長期化もという話もありました。

【追記7月14日】

メキシコの名門パチューカに決定しました!

プロサッカー選手は通常、移籍をする場合、空白期間を空けるといことは自分自身のキャリアにマイナスになることはあっても、プラスになることはあまり考えられませんよね。

しかも、日本代表としてワールドカップの予選に先発出場するような選手が、無所属になるというのは、非常に珍しいそうです。

今回は、本田圭佑選手の気になる移籍先や、契約金と年収についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

移籍先は?

現在、アメリカに滞在している本田圭佑選手。

通常、プロサッカー選手の移籍には結構なお金が動きます。

本田圭佑選手のような超一流の人だったらそれこそ、いろんなクラブが興味を持っていることに間違いないのでしょうが…

Jリーグの復帰については今のところないそうです。

 

移籍金

移籍には移籍金というものがあります。

クラブ側が選手に値段をつけて、移籍金をもらって選手を放出するというもの。

長期契約を結んでいる中で途中移籍すれば、移籍金が発生して選手を保有していたクラブ側にお金が入るというシステムでした。

選手側もそれによって、契約金やら年収がアップ、さらにキャリアを積んで魅力のある選手という評価になりますね。

それが、契約期間を満了すると保有していたクラブ側の保有権がなくなり、移籍金がなくなるんだそうです。

そうなると新規契約をするのと一緒になり、移籍金がなくなるんですね。

格安になるので多くのクラブと交渉していると思われます。

 

スポンサードリンク

 

移籍先はメキシコの名門パチューカ

本田選手の移籍先がメキシコの名門パチューカに決定しましたね。

パチューカは、年末に行われるクラブW杯に北中米代表として、出場が決定しています。

青と白の縦縞がカッコいいですね。

移籍先の候補は?

いろいろとうわさが上がっているようですね。

アメリカやオーストラリアなども候補に上がっていたそうです。

しかし、本田圭佑選手は欧州でのプレーを希望しているそうですね。

以下候補を調べてみました。

レバンテ!?

来シーズンスペインのリーガエスパニョーラ1部への昇格が決まっているレバンテという話があるようです。

来シーズン、リーガ・エスパニョーラ1部への昇格が決まっているレバンテがミランに所属する日本代表MF本田圭佑の獲得に興味を示していると報じられた件について、新たな事実が分かった。『Goal』が得た情報によると、今回の移籍報道は本田側の“逆オファー”が発端だったようだ

Goalより出典

 

逆オファーってまたすごいですね。

 

エスパニョール

こちらもスペインのリーガエスパニョーラの1部のエスパニョール。

かつて2009-2010年シーズンに中村俊輔選手が在籍していたチーム。

近年はレアルマドリードやバルセロナから若い選手をレンタル移籍させてチームを強化させ、安定した成績で1部に留まり続けています。

その他の有力な移籍先は?

ラスパルマス(スペイン)

トラブゾンスポル(トルコ)

なども獲得に興味があるようですね。

 

本田圭佑選手の年収は?

億単位でもらっていることは間違いないのでしょうが、いったい?

気になるところですよね。

そんな中こんな情報が。

欧州内の報道では、スペインやイングランドプレミアリーグの中堅クラブ複数が、移籍金の発生しない本田の獲得に興味を示しているという。

移籍情報サイト「transfermarket」では本田の市場価値は

350万ユーロ(約4億3580万円)とされており、

中堅以下のクラブでも手が届く

SANSPO.COMより出典

 

本業でこれだけ稼いでいるということですが…

実は、ACミラン時代には7億7000万円稼いでいたようです。

他にもスポンサー契約をしているミズノやベネッセ、オリンパス、スカパーなど

さらにCM出演なども考えると、10数億は稼いでいるといわれています。

ここまで稼ぐと、もはやお金のためではないのでしょうね。

すぐに獲得されると、評価は上がるようですが、そうでないと叩かれる可能性もあり、長期化すればいい事はなさそうですね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

本田圭佑選手の移籍先がとても気になりますが、本田圭祐選手のことを調べてみるととても発する言葉に重みがあることを感じました。

言葉の先には行動も伴っていることから、言葉の裏にはコツコツと積み重ねていっている姿を感じます。

 

成功に囚われるな!成長に囚われろ!!

この言葉に本田圭佑選手の今後の活躍が期待されます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。