福島千里(プロ転向)年収が倍増?マネジメント契約についても

この記事は2分で読めます

陸上女子短距離の福島千里選手がプロに転向しました。こんにちはノリスケです。福島千里選手といえば北京オリンピックに日本女子100mとしては56年ぶりにロンドンオリンピックに出場、一躍有名になりました。その後3大会にわたりオリンピックに出場し続けていました。今回は福島千里選手がプロ転向により、年収はどのくらい?マネジメント会社はどこと契約したのかを紹介していきます。

スポンサードリンク

福島千里選手

  • 昭和63年(1988年)6月27日生まれ 28歳
  • 北海道幕別町出身
  • 身長165cm 52kg
  • 自己ベスト100m 11秒21(2010小田幹雄記念)日本記録
  • 自己ベスト200m 22秒88(2016日本選手権)日本記録
  • 幕別町立糠内中学校ー帯広江南商業高等学校
  • 平成19年(2007年)北海道ハイテクノロジー専門学校(情報システム科)陸上競技部
  • 北海道ハイテクAC職員

プロになる…陸上選手でのプロ転向は、しかも女子初です。4年後の東京オリンピックを見据えて、マネジメント会社とも契約しました。

ファーストトラックという会社

公式HP→http://first-track.co.jp/

この会社、ノルディックスキーの渡部暁斗選手(北野建設)やマウンテンバイクの永田隼也選手、マラソンの前田彩里選手(ダイハツ)とも契約を結んだんですね。

 

【福島千里:夢/目標】
2016年に自身が持つ200mの日本記録を更新するなど、進化を続ける福島千里。日本人女子史上初となる10秒台(100m)という夢に向け、2020東京五輪をキャリアの集大成として、新たな挑戦に乗りだします。

【渡部暁斗:夢/目標】
2017年ノルディックスキー世界選手権での個人金メダル、2018年平昌五輪で日本人史上初となる個人金メダル獲得という偉業に挑戦します。

【前田彩里:夢/目標】
世界陸上女子マラソンの日本代表として出場した後、足の故障によりレースを離れていた前田彩里。2020東京五輪出場という目標に向けて再始動しました。

【永田隼也:夢/目標】
2015年に悲願の全日本チャンピオンを獲得し、2016年にはRedBull Holy Rideでも初優勝を果たしたマウンテンバイク選手の永田隼也。2017年はアジアチャンピオンという目標に向けて活動中です。

尚、今後、取材、出演、広告等の問い合わせ窓口にもなりますので、何卒よろしくお願い申しあげます。

【ファーストトラック公式HPより出典】http://first-track.co.jp/20170120-2/

スポンサードリンク

まとめ

陸上日本女子のプロは有森裕子さんに始まり、藤村信子さん、高橋尚子さんに続いて4人目となり、しかも短距離走では初となりました。男子体操の内村航平選手も体操界初のプロ選手として現在活動されていますが、今後福島千里選手も同様にスポンサー契約が結ばれる可能性がありそうですね。

♪こちらの記事も読まれています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。